2010年09月28日

食べる=口を動かす+飲み込む

26日(日)は早番の仕事を終えてから母のいる老人ホームへ行ってます。
夕飯の介助をする。

豆乳ベースのテリーヌ状の補助食に黒蜜風味の甘味ソース付き。
ブリ大根風味の補助食。
プリン風味の補助食。
この三つととろみをつけたお茶。

完食できたのは豆乳、ブリ大根でプリンまで行きませんでした。
口はなんとか開けてくれるけれど、口に入った食べ物を嚙んで
飲み込むことを忘れてるようです。
「お口動かしてゴックンしようね」とほっぺた触らないと
うごかさない。

やはりレベルが落ちてきてるなと感じます。

今日は仕事が休みなので東京竹橋の国立近代美術館で上村松園展を見に行ってきます。

2010年09月25日

酔っぱらい

先日夕方、職場では仕事の後でスタッフのミーティングがありました。
その後夜から、敬老会が無事終わったこともあり飲み会がありました。
私も両方参加しました。

私はアルコールはあまり飲めないが、嫌いじゃない。
でもちびちび飲まないとすぐ酔ってしまう。

この日も最初、グラスに1杯ビール飲む。
その後、ジュースのような甘いカクテルをのんだらこれがおいしいもんだから
ついすぃーっと飲んでしまった。
まもなくなんだか頭がクラクラして、気持ちわるーい、困ったなあ・・・・と、
思ったら意識が飛んでしまった。

後で聞かされた話では、赤い顔してた私が急に蒼くなって「気持ち悪い」と口をぱくぱく
しだしたんだそうだ(^_^;)

周囲があわてて男性スタッフの一人が私を「お姫様だっこ」してトイレに運んでくれて、
この運ばれてる途中でやっと私も意識が戻って醒めてきました(x_x)

これ以上、語りたくない・・・・。
けど、たぶん私の生涯で最初で最後の「お姫様だっこ」体験なんだろうなあ(#^_^#)


2010年09月19日

人間は見たい物しか見ていない

2010年9月11日の柿の実



最近頭から離れない言葉があります。

「人間は見たい物しか見ていない」というか「見たい物しか目に入っていない」
人間思いこみがあると、別の所に目がいかない。
という方がわかりやすいかな。




書こう書こうと思って書きそびれていたので書いてしまおう。
冒頭の写真は庭の柿の木に、数年ぶりになった柿の実!

数年前のこと。いや十数年前か?
庭で大きくなっていた柿の木が二本あったのですが、枝が伸びて境界線ギリギリに家を
建てている隣家が風が吹くと枝がざわざわして夜眠れない、と言ってきたもんだから
ぼけ始めた母は木を切り倒してしまったのです。
その体力もすごいが。

さすがに私も怒りましたが、後の祭り。
もうこの木はダメかとおもったけど、枝がやっと伸びてきて今年やっと一個実がなって
いるのを発見。
写真は9月11日に撮影した物です。
posted by みどり at 01:45| Comment(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

第3回 ひぐらしの会

会期始まってからのお知らせになりましたが、参加してる日本画教室の
グループ展が開催されています。

と、いっても私は自分の作品は市展に出したのと同じもの。
これ一点のみしかありません。
自分でもちょっと情けない。
かけなかったんだからしょうがない。
まずはお知らせまで。


9月14日〜9月19日(日)
時間:午前10時〜午後6時(最終日は午後4時まで)
場所:JR松戸駅そばの伊勢丹松戸店 新館9階 ARTSPOTまつど



posted by みどり at 22:07| Comment(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

12日は敬老会

私が介護スタッフとして働く有料老人ホーム(グループホーム、デイサービス併設)は、
12日は「敬老会」がおこなわれました。

入居の利用者さんとご家族を交えて、昼食はにぎり寿司やデザートなどバイキング形式。
スタッフはいつもの制服(ポロシャツ、パンツ)ではなく、各自「清楚な私服」着用。
スタッフは食事を取ってあげたり、写真を撮ったり。
私は主に、家族の来てないお二人の利用者さんを注意して介助。

家族の来る方もいれば、来ない方、来られない方ももちろんいる。
だいたい食事が全介助になるくらいの介護度の高い方は、ご家族は来てませんでした。
普段は家族の方が逢いに来てるところも、です。
でもこれは分かる。
私も、老人ホームにいる母の所には週一くらい会いに行ってるけれど、今は
家族交えての催しの時は行かなくなりました。

行ったところで母は私のことが分かっているのか分かってないのか、分からないし。
母を他の方と比較してしまうのも、されるのもイヤですから。

一通り食事が終わってからその後ちょっとした出し物の披露。
出し物というのが、スタッフの「ソーラン節」でした。

当日になってやっと衣装の派手なはっぴを着て、長いはちまき締めて。
この二つは本社から借りた物だそうで、背の低い私にはなんと施設長殿が当日
丈を急いであげてくれましたf(^ー^;
下は黒のTシャツ、黒のスパッツ。こっちは自分持ち。
自分で言うのも何ですが、なかなかカッコよかったでしたのよ。

練習はきつかったけど当日はあっという間。
けっこう受けたようでした(^^)V
当日の踊り手は、最年少は20歳のお父さんで彼がリーダーとなって頑張ってくれたのでした。
ちなみに最年長は独身のこの私でした(^◇^;)

1時過ぎにはお開きで、利用者さんもお部屋に誘導してから会場の片付け。
スタッフもやっと昼食。
スタッフ用ににぎり寿司も作ってくれたので、うれしい。
おいしくいただきました。




4時には私は仕事が終わるので、その後、別の有料老人ホームにいる母の所へ。
夕飯の介助。
肺炎を起こして以来、食事はプリン状、テリーヌ状の物。
高齢になると、具合が悪くなってから回復してもそれ以前のレベルにはもう
戻らないのだなあと感じてます。





書きそびれたけれど、私の仕事してる老人ホームでは7月から9月頭にかけて
パタパタと3人亡くなりました。

一人は数年前から入居してた方。
亡くなる数日前から完全に寝たきりになりオムツ交換の時も、肌がかぶれてしまい
やわになってるせいか、しもふきでかるく拭いただけで肌が破れるように出血する
ので怖かった。


一人は8月に入居した時点でほぼ寝たきりだったかがお話はされる方だったのに
2週間ほどした頃、脳梗塞をおこして急に言葉が全く出なくなった。
こちらもあっという間に亡くなりました。


一人は今年になってから入居した方。
まったく歩けない状態で入居したけど、入居後はスタッフの支えがあるとご自分で
歩けるようになって家族の方がびっくりしてた。
亡くなる1,2週間前から急によわくなり寝てばかりいるようになって、亡くなった。

でもここで亡くなる方は、まだまだ幸せな方なんだと思います。



2010年09月08日

ソーラン節の練習

9月6日(月)の夕方、老人ホームの母の所に行く。
夕飯介助。

私も何かと疲れているせいか、どうも頭が回転してない感じ。
払わなくてもいい、国民健康保険料の払い込みをコンビニからしていた。
職場で7月から健康保険に加入していて、給料から天引きになっていたのに。
国民健康保険の払込票が、世帯主である母の名前で来てたので母の分と思いこんでしまったのです。
もちろん、よく見れば分かることなのですが・・・。
やっぱりこれはボケのはじまりか(T.T)

職場の方も12日には「敬老会」をやるからと、スタッフでソーラン節をやることになった。
これがとんでもなくハードなダンス。
こんな事やるのが良いのか悪いのか。
この点は施設の責任者の考えなんだろうと思う。
催しが好きな責任者もいるし、そうでない方もいる。
私の居る施設の責任者は、こういうの大好きだ。

余計な催しは一切やらない施設もあるという。
他の方から聞いた話では、見学に行くと利用者も穏やかな表情をしてるという。
母のいる老人ホームでもそうだけど、催しをやるとなるとただでさえハードな
仕事を毎日してるスタッフは余計な仕事を強いられることになる。
それでいいんだろうか。

私の職場も今、スタッフは仕事が終わってからダンスの練習をしてる。
私も参加してる。
参加するのは楽しいけれど、疲れてしょうがない。
どんなダンスかというと、下に貼り付けた映像のダンスを参考にしたダンスです。
(まったく同じようにはできないので)



(YouTubeの映像は今後、削除される可能性があるので再生できないときはごめんなさいです)

スタッフは今週、新人が2名来た。
一人は20代、もう一人は50代、ともに男性で介護の仕事は初めてだという。

8月に来た新人は一ヶ月で辞めた。
介護どころか雑用さえまともに覚えられない上に、できないならせめて一生懸命
やってる「ふり」だけでもできればまだしも、それもできない。
できないのに切れて、他のスタッフによばれても返事もしない時があるので結局首になったのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。