2011年07月31日

母、施設移転日決定。

母の入居してる老人ホーム、移転の話あっというまに進んでしまいました。
施設側から、施設取り壊し&別の土地に新築。
それに伴う一時的な、転居の話。

いつもなら早番の仕事帰りに、母の施設にいくのですが先週はいかなかった
ので、27日(水)にやはり仕事帰りに行ってきました。

とりあえずの転居先については、前回施設長さん&ケアマネージャーさんと
話し合いあいましたが、27日にはさらに詳しいお話になっていました。
今いる施設は8月にはもうとりこわすのだそうです。

それに伴い、母は一時船橋の施設へ転居。
第一希望だった亀有の施設へは、部屋が開きしだい移動、となりました。
書類上の手続きは後になりますが、船橋の施設へは8月2日に移動。

移動に際しての荷物移動などは総べて、施設側にお任せです。
私自身はなんの面倒もないから、不思議なくらい気軽です。












2011年07月23日

母の施設、取り壊し決定

2011年7月20日 薔薇の花


去年挿し木にした薔薇に花が咲いた。
葉が数枚ついた一枝を挿し木にしたら、根付いたので
職場の老人ホームの庭にうえたら、ここまで大きくなりました。
ちょっと感動もの。
家の庭の薔薇より、きれいなくらい。



母が入居している介護付き有料老人ホームで建物の取り壊し&
移転の話がでてましたが、この話決定となりました。


16日の午後、急きょ運営懇談会がありこの話がでました。
私は懇談会にはでられなかったので、翌日、施設に行ったとき、
施設長とケアマネさんからお話を聞いて、さらに後日郵送で
議事録をもらいました。



そもそも今の施設が建っている場所は、山を切り開いて
宅地にした地域で、3月11日の大震災の後、地盤沈下も
確認されているんだそうだ。
建物も老朽化してるし、そもそも介護施設として
建てられた物ではないから、施設内の段差も多い。


新しい施設は同じ市内に立てる予定で、すでにその場所も
ほぼ決まったらしい。
その場所に立つなら、自宅から一駅先で駅から歩いて20分ほどの
所になるらしい。

問題は、新しい場所に施設を建ててから今の場所を取り壊す
のではないこと。
今の場所を取り壊したら、とりあえず別の施設に転居する必要がある。

首都圏内にいくつも施設ある会社なので、どこに移りたいかの話もきかれました。

船橋市内にある施設を勧められたが、私の行動範囲じゃない
から気が進まない。

都内の亀有も施設があるという。
こちらの方が私の行動範囲内。
こっちがいい、というとこちらは人気のある施設で、今すぐには
空きがない、という。

船橋の方なら空きがあるらしいが、私は亀有が第1希望であることを伝える。
転居の希望日があるかどうかときかれたが、取り壊しが
決まった以上、こちらに希望日なんかあるわけ無い。

もちろん転居についての費用は向こう持ち。
亀有の施設とは、また相談してくれるそうだ。



2011年07月19日

施設の夏祭り準備&赤紫蘇ジュース

昨日も夕方から、月末の職場の施設の夏祭り準備。

施設回りの草むしり、出店のための材料の買い出しのための
ミーティング、さらに出店の看板づくり。
私は朝7時前から仕事してる早番の後なので、この作業はかなりきつい(x_x)
午前中は入浴介助までやってるし。

私のグループはスイカとかき氷の販売担当。
看板は、去年の物に少し手を加えて使い回し(^_^;)
でもこういう工作作業は結構好きで、これはあまり苦にならない。
作業終了は午後7時。
さすがにヘロヘロ。


ヘロヘロだけど、家に帰ってから赤紫蘇を買いこんでしまったのでこちらの作業もする。
梅漬けをしたときにつかった赤紫蘇をおにぎりにまいたらとてもおいしかった。
でも、この時の紫蘇はぐいぐい塩もみしているので葉がやぶれているのです。

大きい葉のままほしい。
初めての挑戦ですが、おにぎり用の大葉をつくることにしました。


大きな葉は、塩を振って手のひらでぐいぐい押して、麺棒でさらにのばす
ようにして水分をしぼる。
塩分を与えると、葉からびっくりするほど水分がでます。
これはアクなのですてる!
両手の平でさらに水分をしぼり、パットに入れて梅酢をいれる。
これでOK。

あまった小さな葉で、赤紫蘇ジュースをつくることにしました。
葉を鍋に入れ、ひたひたぐらいに水を入れ、煮る。
そのうち葉の色が緑色に変化。
水は真っ黒。
葉をすて、砂糖とりんご酢を入れる。
私はかなり目分量でつくりました。
葉150グラムぐらい?に対し、砂糖500グラムぐらい、りんご酢は
台所に残っていたのを全部なので600ミリリットルぐらい。
最初の水分はたぶん400ミリリットル。
できあがりが増えてしまうので、水分は少ない方が良かったみたい。

クエン酸を入れる方法もありますが、酢を使う方が簡単。
酢を入れるから水分が多くなるので、それが嫌ならクエン酸かな。

出来たジュース原液を口のせまい酢の空き瓶とペットボトルに入れる際、
漏斗がないのでどうしたものか・・・と頭を悩ましましたが、急須をつかう
というアイデアが浮かびました。
これは大正解(^^)V

水で薄めるとなかなかgood!
きれいな赤紫蘇ジュースのできあがり。

梅干しや赤紫蘇ジュースなどの作り方は「四畳半の住人」さんのサイトを
参考にさせていただきました。

2011年7月19日 自家製赤紫蘇ジュース

2011年07月15日

後見事務報告、家裁から問い合わせ

もう終わったかと、思っていた家裁に提出した後見事務報告。
家裁から連絡があって、二カ所問い合わせがありました。

一つは、通帳の一つが記帳しそびれていること。
通常の預金ではないのですが、通常の預金通帳の後ろに別に
記帳されているものなので、うっかり忘れていました。


もう一つは、母が有料老人ホームへ入居する際、銀行から
お金をおろしているが、下ろした金額と老人ホーム側へ
入金した金額があわないとのこと。
その額315万円。
大きい。

もちろん着服なんかしてません!
なんでだ??と、おもったけれど調べたらすぐわかりました。

うっかりして入居の際、領収書が2枚あったのですが1枚のほうの記載と
コピーを忘れていたのでした。

「施設生涯保障入居プラン前払い金」で11,700,000万円と
「入居金」で315万円。
それぞれ領収書がでていたのです。

問い合わせが合った分の領収書等は、コピーをとって家裁に郵送します。


それにしても合計1,485万円!!

今の自分の収入の少なさに溜息がでます。





posted by みどり at 23:54| Comment(4) | 3年ぶりの後見事務報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

無給のボランティア多すぎ

日曜日はいつものように、早番の仕事後、母のいる老人ホームへ。

火曜日は仕事が休みだし、天気はいいしでつけ込んでいた梅を
天日干しにしました。
これから数日は干すつもりです。

ume20112.jpg


月末が勤務先の老人ホームの夏祭りなので、その準備が
いろいろと面倒。
通常の勤務時間のあとでミーティングやら作業やら。

通常勤務の方も、記録を書いたり利用者さんの居室の
品物の点検もあり、とてもじゃないが勤務時間内に
終わらない仕事ばかり。

月曜日など、結局通常の早番の仕事をおえて午後4時から5時まで
仕事の記録書き。
その後5時から夏祭りの為のミーティング&作業で結局7時まで
居残り。

残業代は出ないし、全くのボランティア。
人をなんだと思ってるんだろ、ここの責任者は・・・(T.T)
責任者もボランティアばかりやってるから、これが当たり前に
なってるんだろうけど、このままじゃこっちの体が持たない。



2011年07月06日

もうすぐ七夕&夏祭り

ここ数日の記録。

3日(日)は仕事の後で母のいる老人ホームへ。

4日(月)は仕事の後で、職場の老人ホーム内の七夕飾りの
「飾り」の用意。
通常の仕事終えてから、ほぼ1時間半ボランティア(x_x)

5日(火)は仕事が休み。
庭の草が伸びてるのがきになり、午前中草刈り。
少しのつもりが気がつけば、朝8時から10時半までやっていた。
午後、銀行へ投資信託の相談。
積み立て投信を新しくするつもりなので、いくつかピックアップしてもらう。
決めるのは後日。


庭の金柑の木、枝が広がりすぎてるので剪定したけど、
どういう形が良いかまよう。
しかも花が今、咲いているから剪定すると来年の収穫はあきらめないと
ならない。

花が咲いているが、実もなっている。

2011年7月6日 自宅の金柑の花と実



金柑の花は、柚の花とそっくり。
同じ柑橘系だから当たり前か。
春先に実をいったん収穫したが、その時色づいてなかった実は木に
残したのですが、今その実はあまり色づいてはいないけれど丸かじり
すると水気がほとばしるようで、とってもおいしい。
これ金柑?!と思うほどみずみずしい。
不思議だ。


7月末には職場の介護施設は「夏祭り」をおこなう。
スタッフがでみせを出し、ただいま手作り御輿まで制作中。
この日は、利用者さんはもちろんスタッフも浴衣に着替えて対応。
浴衣を持ってないから、去年は上司が貸してくれたが、今年は近所のスーパーで
浴衣、帯、下駄の三点セットで安いのを売っていたので買う。
ただし、施設内は下駄はNGで、草履なのでこれは草履スタイルのサンダルを
買う予定。


家裁に後見事務報告書を提出してから約1ヶ月。
特に何の問い合わせも来ないからあれでOKかな?





posted by みどり at 22:06| Comment(2) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

帰らない旅立ち

職場の老人ホームで昨日の朝、利用者のMさんが亡くなった。
死んだ方の人数数えるのは、なんですが亡くなった方は今年で3人目。


Mさんは、今年になってからは1日寝たきりの方。
食事も口からとれないから、経管栄養のみになっていた。

私が一昨日の朝、オムツ交換をしたのが最後のお世話になった。
目が白目をむいてしまって、体にも力が入らなくてグニャグニャ状態だった。

午前中のうちにお部屋に花を飾り、着替えもすます。
これは上司や看護師の仕事。
お部屋には家族の方も来て、このあと、お線香をあげさせてもらい最後のお別れ。
穏やかなお顔をしてるのをみる。
こんな言い方してはいけないのだろうけれど、Mさんやっと楽になれてよかったね
と心底思った。

ご家族の顔も、悲しそうではなくむしろホッとしているように見えました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。