2011年08月28日

敬老会に向けハンドベルの練習

職場の有料老人ホームにて。
利用者のFさんは、もう寝たきりでしかも一ヶ月前からくらい
から片方の足先に、壊疽がはじまってしまった。
私もこんなのを見るのは初めて。

初めは足の指の先が少しだけだったのが、今では指先が真っ黒。
くるぶしあたりの壊疽もひどくなっている。
毎日、私もオムツ交換するときに壊疽部分に当てているパットも
取り替えていますが、その患部を見るのは正直、ゾッとします。
ここまでくると治らないんだろうか。




職場の介護施設は9月の敬老会がある。

それに向け、スタッフはなにがしかの催しをします。
去年は、ソーラン節というかなりハードな踊りをやりましたが、
今年はハンドベルで音楽の演奏となりました。
私もそのメンバーのひとり。
今日はその練習第1回目。

すでに他の方が、楽譜を用意してくれたが、肝心の演奏メンバーの
ほとんどが楽譜が読めないと言うことが分かった。
読める方が珍しいらしい。
少なくともこのメンバーでは。
メンバーには言わなかったが、私は小学校6年間ピアノを習っていた
おかげで、読むことは出来る。


今のところ「赤とんぼ」と「虫の声」を演奏予定。
今まで気がつかなかったが、ハンドベルで演奏するためには
曲は総べてハ長調に直さなければならないのだ。
細かい音が出せるハンドベルがあるのかどうかしらないのですが
とりあえず、施設にあるハンドベルはハ長調の音階の品物。
つまり一オクターブの分のハンドベルのみ。

「赤とんぼ」は「ドレミファソラシド」の言葉に書き起こして
あったが、「虫の声」はそれが無かったので、私が譜面から
書き起こす。
ハ長調に移調した譜面があったので、書き起こすのは楽でした。

これを使って、練習第1回目は、何とか終了。
敬老会までに間に合うのか???

でもハンドベルの演奏は一度やってみたかったので、楽しみでもあります。



2011年08月27日

母の顔に驚く

25日(木)、26日(金)と仕事は休みをとったので、さすがに体と気持ちが楽。

金曜日は午前中、日本画教室へ。
いったん家に戻ってから、上野の東京国立博物館の「空海と密教美術展」を観に行く。
途中、土砂降りの雨だが特に問題なし。

見終わって午後4時過ぎ。
昼食をとってなかったので、お腹が空いてしょうがない。
美術館の敷地内のレストランに行く。
ワンタン麺700円+300円で春巻き1本とシューマイ2個、のセットにする。
あっさりスープのワンタンがおいしい!
さすがホテルオークラ系だ。

食べたら元気が出たので、そのまま母のいる老人ホームへ。
午後6時ちょっと前に着く。
車いすに座っている母を見たら、この前は気がつかなかったが
げっそりとやせた顔にゾッとする。

夕飯の介助。

家に帰ってから、買ってきたブドウを食べ、バックの中の荷物の整理をする。
郵便物など、その辺に置いてしまうとどこ行ったか分からなくなるので
ついバックに入れてしまうのでバックがパンパンになっていたのです。

それが終わったら、急にスイッチが切れたみたいに体がだるくなって
眠くなったので、そのまま横になったらすぐ寝てしまった。

私の体、気持ち一つで動く動けないの、オンオフの切り替えが実にはっきりしてる。
だから動くときには、とことん動けるようです。



2011年08月23日

皮膚の剥離と褥瘡

今日は仕事が休み。
昨日は早番の仕事後、母の施設へ行ってきました。
母にとっても私にとっても、新しい施設なのでまだまだ
不安があります。

行ってからすぐに、スタッフさんより話があった。
右腕に皮膚の剥離。足と腰に赤みがあるので気をつけないと
褥瘡(=床ずれ)が出来てしまいそうだとのこと。

前の施設では気をつけてくれたので、こんな事無かったと
思うのですが、新しい施設はまだまだなれてないようです。



母を含め高齢者はとても皮膚が弱い。
私も働いている施設で、利用者さんの腕の皮膚を剥離させて
しまったことがある。
この時は素肌の腕が車いすの手すりにぶつかっただけだが、
これだけで皮がむけてしまった。

剥離は仕方ないとは言わないが、母の施設のスタッフさん気をつけてほしい。
しかし介護施設にいて、褥瘡はあってはならないと思う。


昨日の母は、私のことを目で追ったので少し分かるらしい。
夕飯の介助をして帰る。

2011年08月21日

母の体の硬直

職場は木、金、日、と休みを取らせてもらった。
シフト制の職場なので、こちらの自由に休みを取らせて
もらえるのが助かります。
その分、収入は減るのだがわずかなりにも有給休暇も
もらえてる。
もちろん他のスタッフにも少々気をつかう。


家の中を片付けたいのと、体を休めたいのとで8月は
休みを多めに取らせてもらった。

金曜日は夕方、母のいる老人ホームへ。
母のいる階にいったら、以前の施設で母と一緒にいた方を
見つけたのでご挨拶したが、向こうは覚えてなかった。
認知症がある方だからしょうがない。

「私のこと覚えてますか」と聞いたが、申し訳なさそうに
「おぼえてないの」と言われた。
自分が忘れている、という認識はあるわけで、そうなると
私の質問は返って申し訳ないことしてしまったことになる。

まだ夕食前の時間だが、母は食堂の方にいた。
目がはっきりして、起きていたので誘導して水分をとって
もらっていたとのこと。
私が行ったときは、もう眠そうでいくら話しかけても反応無し。

今の母は手足の硬直がひどい。
これ以上ひどくなったら、ここでは無理で病院へ行くようになるかも。
これは以前の施設の時にも、言われてました。

今の母を見ていると「生きてる」の意味も意義も分からないし、
何もしてあげられないのが悲しくて涙がでる。


家の薔薇の枝を何本か挿し木にしたが、やっと一本根付いた。
新しい美しい葉が出てきた。
植物とはいえ、新しい命と成長を見るのは無条件にうれしい。


2011年8月19日の薔薇

2011年08月13日

落ちついた様子の母

2011年8月13日 グリーンカーテン?


昨日今日と、仕事が休み。


自宅でいまはやりのゴーヤのグリーンカーテンを作ろうと
したのに、8月半ばでこんな状態。
肥料をやってなかったのでf(^ー^;
すだれもボロボロのままでちょっと恥ずかしい。

先日庭木の手入れをしてくれた植木屋さんも、油かすなどの
肥料やった方がいい、といってたので今さらながらですが
買ってきた固形タイプの肥料を土にさす。



昨日は東京都現代術館へフレデリック・バック展を観に行く。
人形劇俳優たいらじょうさんのパフォーマンスも鑑賞。

同館のもう一つの展覧会も一緒にみるつもりだったが、
フレデリック・バック展に時間をとられて断念。


今日は、まずは先日から気になる母の所へ。
新しい施設に行くのはこれが3度目。
先日、夕飯時に言ったらお盆も出ていない対応に怒りを
感じたし、こちらからの要望も伝えたので、今日は
昼食時のチェックのつもりで行ってきました。

向こうにとっては抜き打ちチェックか。
12時少し過ぎに施設に到着。
お盆は出ていた。

今回は前回のように一人のスタッフで母ともう一人の食事介助ではなかった。

この前来た時は、母も緊張してる様子でしたが今日はなんだか顔の
表情が穏やかに感じました。
食欲も以前より出ているとのこと。
食事の介助を代わらせてもらう。

以前いた施設は、入居者15,6人でこぢんまりした所だったので
スタッフの目が行き届いていたようなのですが、今回の所は
大型の施設なので隅々まで目が届く、という訳にはいかないよう
なのが心配です。

施設を出た後、再び東京都現代美術館へ。
昨日見られなかった「名和晃平─シンセシス」展と常設展を観てから帰宅。

2011年08月09日

食事介助の対応に怒り

今日は仕事が休み。
約1年ぶりに、植木屋さんに来てもらって庭木の手入れをしてもらいました。
ここ数年、毎年来てもらってる造園業者さんです。
ボウボウになっていた草も抜いてもらい、最後は薬をまいてもらう。
庭は広いし、私一人ではとても手入れできないのでやはり年に一度はプロに
入ってもらわないと無理。
職人さん、二人がかりで朝8時からとりかかり、途中休憩いれて午後2時には終了。
職人さんとお話するのもいろいろ参考になり、また楽しい。
費用5万円也。



昨日は早番の仕事の後で、新しい施設に移動した母の所へ行きました。

ダンボールに入れっぱなしの荷物が気になるし、前の施設で置き去りになった
アート作品がきてるかどうか、さらには母の食事の介助はどうやってるのか
が、気になったからです。

持ってきてる衣服は今の母には着られない物ばかりで、さてどうするかと思案。
こちらはまた後でにして、母の食事をどう対応してるのか見に行く。

母は3階の部屋にいるし、3階の方は3階のフロアーで食事なのですが
母は食事介助に手がかかるので4階のスタッフが対応するとのこと。
3階も食事介助の必要な方が多いので、手が回らないからとのことで
それは別にかまわない。

新しい施設に来てから、緊張してるのか食が進まないので新しい補助食を
使ってるとのこと。
それもかまわない。

行ってみると、一人のスタッフが母と、もう一人、つまり二人の食事介助を
同時にやっていました。
これも、まだわかる。

でも母のテーブルの上を見てるうちに怒りがこみ上げてきました。
コップと補助食がむきだしで、テーブルに置かれている。
写真は私が薬の袋を切って、その上にスプーンを置いたのだけど
私が行ったときは、スプーンが封を開けない薬の袋の上に置かれていた。

2011年8月8日 母の夕飯1


内容がどうであれ、これが食事のテーブルか!?
絶対おかしい。間違っている。
前の施設だって、補助食ではあってもちゃんとお盆の上で小皿もあった。


そばにいたスタッフに言って、お盆を持ってきてもらう。

2011年8月8日 母の夕飯2


これが食事だろう。
ここには無いが、スプーンを置く小皿があっても良いはずだ。

先日会った担当スタッフさんにあって、2枚の写真を見せこの対応が
おかしいことを指摘し、さらに毎食お盆も用意して欲しいことを伝える。
担当スタッフさん、最初は私が何をいってるのか分からなかったらしい。
しかし、おかしいことを認めて毎食お盆を用意すると言ってくれた。


担当スタッフさんは、母があまり食べないと言っていたが私が
食事介助したら、完食できた。

今回の新しい施設の対応はとても怒りを感じたし、悲しかったです。



<2011-08-09追記>
この施設はテレビCMまで流している木下グループ系であることを、あえて書いておきます。


2011年08月06日

新しい施設へ行く

8月2日に母は、新しい施設へ移動。
この日は母の誕生日でもあった。

5日(金)は日本画教室へ行った後、今までの施設へお礼と
暑中見舞いをかねてレギュラーコーヒーと、コーヒー飲料の
詰め合わせを送る手配をする。
さらにハガキでお礼状を出す。

今までの施設から、いろいろ書類が宅急便で届いていたがなかなか
書けなかったけど、その書類と実印をもって新しい施設へ行く。
もちろん事前に電話を入れておいた。

3時ちょっと過ぎ到着。
着いてから書類に必要事項を書き込む。
大きな施設で、施設長さんとフロアー長さんに会って今後のことの
話をする。
全部満室だ80人はいれるそうだ。今は78人いるとか。
総べて老人ホーム。


3階の母の部屋も見せてもらう。
以前の施設での荷物はまだほとんどダンボールの中で、中をみたら以前の
施設の壁に掛けておいた3枚の額入りアート作品がない。
アーティストI氏の銅版画2枚と、M氏の直筆サイン入りCGイラスト1枚。
この3枚、荷物として忘れられていることが判明。
来週、持ってきてくれるそうだ。

母はベッドで横になっていたが、手足の拘縮がひどい。
声をかけるとこっちを観てくれるから、分かるみたい。
担当スタッフさんも「あらやっぱり(母が私のことを)分かるのね」と
言ってくれたし。

荷物の整理をしたいけど、この時点でもう5時半近かったので止めておくことにする。

施設の移動をすると、スタッフもかわるし母も環境が変わったのは
わかるようで、とても緊張してるらしい。
そのせいかのか、スタッフがまだなれてないだけなのか分からないが
食事も水分量もあまりとれてないらしい。

空きが出れば、亀有の施設に移動を希望してたけど
それは止めた方が良いかも。
いずれにしてもこれから建てるという新しい施設が
来年出来れば、こちらの方が断然家から近いので
移動するし。



この後、高円寺へ行って観劇。

2011年08月03日

新しい施設へ送る書類

昨日、母は新しい施設へ移動終了。
今までの施設からは、新しい施設へ提出して欲しいという
書類を宅急便で送ってきた。

いろいろあるんで面倒。
もしもの場合、積極的な救命処置を希望するかどうかの
書類もある。

心臓マッサージ、人工呼吸、AED(電気ショック)など、
希望する、希望しない、の記入をするのだけど
こう言うのをみると、イヤでも今の現実と向き合うことになってやはり悲しくなる。
もちろん「希望しない」です。


今週金曜日は仕事が休みなので、母の様子と新しい施設を観に行きたい
ので、ついでに書類をもっていくことにする。
先方にも電話をいれました。

今までの施設にもお礼をしたいし、やはり今の時期ならお中元か・・・・
などど考えていたら、職場の方でいろいろ失敗してしまう。
みっともないから、詳しいことはここにはかかない(x_x)


職場の施設で、今日お一人亡くなった。
今年で4人目。
2,3週間前からそろそろ危ないという話はきいていました。
でも家族の方、ほとんど来てなかった。

こういうのみると、あとわずかな時間なら話は出来なくても母といる時間を
もう少し増やしたいとも思う。


仕事の方も体がきつくてしんどくてしょうがない。
全然疲れがとれなくて、どんどんたまっていく感じです。
一日立ち仕事だから足が痛し、以前乳ガン治療で右脇の下のリンパ節を
切除してるせいもあってか、右腕がいたむ。
ほんとは右腕で重い物をもったりしてはいけないのだけれど、
そういうわけにはいかないから、負担がかかっているからです。

ほんとに今の職場を早く辞めたくてしょうがない。

仕事帰りに宝くじのスクラッチを1枚(=200円)買う。
500円当たり。
私の運はこんなもの(^◇^;)


2011年08月01日

施設の夏祭り

今日7月31日(もう昨日ですが)、私が働いている介護施設の夏祭り。
この施設は1階がデイサービス、2階がグループホーム、3階が
介護付き有料老人ホーム、4階が介護付き入居施設、となっています。

夏祭りに向けて、出店の準備、手作り御輿を作ったり、
ポスター作りをしたりで、7月になってからは毎週月曜が
ミーティング&作業だったので、疲れることこの上なしでした。
残業代でないし(x_x)


夏祭りは今日の午後2時から4時まで。
入居者もスタッフも浴衣に着替えました。
今日はほんとならシフトが休みのスタッフも、半ば強制で
ボランティア出勤。


私も浴衣に。
でも一人で着れないので、着せてもらいました(^_^;)
入居者さんに「かわいい」と言ってもらえて、真に受けて
ちょっとうれしい(#^_^#)

私はもう一人のスタッフと共にかき氷と、スイカの販売担当。
施設の駐車場にカラオケの道具、祭り囃子風の太鼓をたたく担当もいる。
ここがいわば第1会場。
いつもはデイサービスでつかっているフロアは第2会場で、ここにも
お好み焼きや、つくね、などの販売。


しかし今日はあいにくの曇り空。
浴衣では少々寒いくらい。
スイカはほとんど売れず、でもかき氷のほうは22.3個売れた。

午後、4時で終わって、その後は利用者さんは5時から夕飯、食事介助
に入らないスタッフは後片付け、そして打ち上げの準備。

6時からは、今日は仙台に行ってきたという社長を交えての打ち上げ。

やっと終わったあ!!!!
祭り前日の昨日も、早番の仕事の後で祭りの飾り付けをしたりで
ボランティア活動ばかり。

疲れたけど、明日はやっと休み。
どこか展覧会を観に行きたいけど、月曜日は休みの所ばかりで
どうするか。
家の中も片付けたいです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。