2011年11月30日

母の体の硬直と拘縮の様子

体の硬直と拘縮がひどい母ですが、言葉ではとても第三者に分かって
いただけないと思います。

母の今の状態がどんなであるかご紹介しようと思います。
通常、こんな写真はプライバシーの問題があるから公開できない
と思います。
私が悩んでいることも、分かっていただけると思います。

以下にのせる写真は、人によっては気分が悪くなる方もいると思います
ので、ご注意ください。


左指はこんなふうに開いた状態で固まってます。
1130h01.jpg



右指、特に中指がきつく握った状態になっています。
左側は私の手。
半年前ぐらいは、包帯を玉子型に丸めたものを握らせていましたが今は
指が開かないのでにぎれません。
無理をすると、指の骨がでてしまうかもしれません。
1130h02.jpg


最近は尿取りパットを丸めて、穴あきポリ袋を被せ、プロペト(保湿など皮膚を守るための軟膏)を塗ったたものを握らせています。
パットそのままでは皮膚によくないそうです。
ポリ袋だと皮膚に張り付かないようです。
もちろんこれらのことは施設のナースと相談して行っています。
今は何が最良の事か分からないのでいろいろためしているところです。
1130h03.jpg




右足も親指の変形があり、人差し指に余計な圧迫がかかっています。
小さく作ったパットを挟み込むようにしてます。

1130h04.jpg


1130h05.jpg




以下は今使用してるポリ袋を被せた特製「ポリパット」3種。
大きいのはヒジの剥離に、右上が右手に握らせている物。
右下が足の指に挟んでいる物です
1130h06.jpg




体の全体の様子。右足がこの形で固まってます。
1130h07.jpg


今日は仕事が休みだったので、午前中は母の所へ。
午後でかけ、出先で穴あきポリ袋をみつけたので5,6袋まとめ買いしました(^^)

2011年11月29日

水切りビニール袋が無い

最近の母の様子。

MRSAの検査結果もマイナスになり、異常なし。
かかとの剥離も治って、これはこれで良かった。

左肘の剥離はいっこうに治らない。
ここ1週間ほど、普通のバンドエイドよりもう少しいいやつ
をはって、その上にパットをあてさらにアームウォーマーを
あてていたのですが、ヒジが硬直して曲がっているので
体位交換したときあってすれてしまうようです。

パットは、尿取りパットを三つにきって、さらにキッチンで
つかう三角コーナー用の穴の開いた水切りビニール袋を当てて
作った「ポリパット」を使用。
しかし、最近この「穴の開いた水切りビニール袋」がどこのお店を
回っても見つからない。

ある時にはあるのに、無いときには全然無いのはどうして?
水切りのネットではダメなのです。

行くらさがしても無いので、普通のビニール袋を買って千枚通しで
細かく穴を開けて使うことにしました。

右指の硬直もひどすぎる。
自分の指と爪で自分の指と手のひらを、傷つけている状態。
血と浸出液の汚れを見るとかわいそうで、涙出てしまいます。
こちらも手製のパットをあてています。

体の硬直は、もっと早い段階でマッサージを受けさせれば良かった
のでは、と考えてしまう。
つくづく以前の施設側を全面的に信用して、すべてお任せしたのは
失敗だったと後悔してます。

28日月曜日は、夕方往診に来た担当医から最近の血液検査の結果を聞く。
9月10月11月と、レベルは残念ながら徐々に落ちている。
今の母は、普段の食事はとれているので「それでこの低い数値である
のはどこかで消耗しているのでしょう」とのこと。

母は時々、汗びっしょりになるのはそのせいか。

今後は、食事の他に補助飲料の「エンシェア」を飲ませることになりました。

仕事の方は12月のシフトの希望をこれから出しますが、このところ疲れて
しょうがないし家の中と、かりて何年もたつレンタル納屋を引き払いたい
ので、休みを多く取るつもりです。

2011年11月19日

パスポート申請

今週木・金曜日は仕事が休み。
シフトの希望を出すときに連休にしてもらったから。
今の仕事になってからは、体力を使う仕事なので2,3日おきに
1日休みが入るが、希望を出さない限り連休にはならない。
やはり二日休むと、休んだ気がします。

この二日間は母の所に行きませんでした。
先日買った5本指の靴下が良さそうなので、同じ品物をさらに
二足買っておいた。


私はまだ一度も海外旅行には、いったことがない。
そろそろおもうところあり、パスポートを取ることにしました。
写真はすでに先月写真屋さんで撮ってもらった。
その際、パスポート用に、といったら写真屋さんで申請書類を
くれました。
写真はサイズや写ってる部分について、細かい規定があり街の
インスタント撮影で撮った写真では許可にならないことが多く、
写真店に撮り直しに来る方が多いんだとか。

28日には出来るそうだ。
受け取りには16000円必要。
でもこれで10年間有効のパスポートが受け取れる。
ほんとは年明けにでも旅行に行くつもりだったのですが、またもや
高額のアート作品を購入してしまったので、旅行はとりやめ。
でも、せっかく思い立ったのだからパスポートは取ることにしました。

金曜日はこのあと渋谷で開催中のM氏の新作個展へ。
さらにその後、三軒茶屋の世田ヶ谷パブリックシアターへ。
こちらは招待券が当たったので、ありがたく観てきました。
posted by みどり at 06:24| Comment(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

新しい加湿器を

母のヒジの擦り剥けの傷、は治りそうで治らない。
施設のナースにも相談して、今は医療用のラップを
はっています。
さらに手製のパットをあててアームカバーを被せてます。
これでいいかどうかは、わからないけどいろいろ
試してみようということです。

以前から使っていた加湿器が故障。
どうも温度センサーがいかれたらしい。
きのうは近所の電気店で新しい品物を買いました。
ピンキリありますが、とりあえずシンプルな機能の
安い品物にしました。
セールス品で2280円。安い。

母の傷の治りが遅いのは、何かとすれやすいヒジの
部分、と言うだけでなく食事量が少ないからです。
十分な栄養がとれてないから。

口から食べられる量は以前より、確実に減って
います。
施設側からも繰り返し言われているのは、母のことでは
あまり期待しないようにということ。
つまりもうそう、長くないということです。
口から食べられなくなると長くないのは、今の施設
で働き出して何人もの入居者さんを見てきたので
わかります。

長くないのは納得済み。
ただ今、出来ている傷はなおしてあげたいです。

体の硬直が強いのですが、足の指も例外ではなく
右の足の親指と人差し指が変に曲がっているので
ここにも傷があります。
傷の保護とさらに傷を作らないために、手袋の
ような5本指の靴下をはかせることにしました。

2011年11月14日

加湿器不調

老人ホームの母の部屋に置いた加湿器の調子が悪い。
2008年製品なのに。
母の施設転居の際に、取り扱い説明書を置いてきてしまったらしく
どこにも見あたらない。
幸い、メーカーのサイトから説明書をダウンロードできました。
明日、これを見て調子をみるつもり。
それでダメなら新しいのを買わないと。

今は入居してる施設の加湿器をお借りしています。


今日は仕事が休み。
朝、庭の柿をもいでまたご近所に持っていく。
先日4軒ににお配りしたが、今日はまた別のお宅へ。
こうやって、ご近所の方とお話しする機会を持つのが目的でもあります。
後日、またもう1軒別のお宅にも持っていくつもり。
私は話し下手だけど、話をすること自体は好きです。

午前中、部屋掃除・・・のつもりがあまりはかどらず。
午後、映画を観に行く。
今日は、母の所へは行きませんでした。

2011年11月13日

ヒジの傷

この一週間の母の様子。
両方のかかとの褥瘡がやっと治ったと思ったのに、私が休みの日
ケアマネ(=私の上司)から、今度は片方のかかとの皮膚が剥離して
しまったとメールあり。
ベッドで寝てるとき、靴下を脱いでいた状態だったのがよく
なかったらしい。

左ヒジの部分もすりむけたようになってるのが、なかなか治らない。
体が硬直しているので、つねに右ヒジがまっすぐにならず曲がった
状態であるので、ヒジはこすれやすいのですが。

かかとの褥瘡の時も、ヒジの傷も今はパットを当てるようにしてる
のですが、それでも治らない。
パットは、薄い尿取りパットを切ってさらに台所でつかうゴミ入れの
三角コーナー用の穴の開いたビニール袋を被せたもの。
穴の開いた方を患部にあてると、傷の保護になってちょうどいいのです。
このパットを当ててから、靴下やハンドカバーをつける。
パットをあててもヒジはすりむける。
母の傷を見ると、泣きたくなります。
医師に相談するしかないのか?

インフルエンザの予防注射も済ます。

体温調節がうまくいかない時もあるようで、シーツや枕カバーが
びっくりするほどびっしょりになっているときもあります。

昨日は朝、母に「だいじょうぶ?」と聞いたら「だいじょうおぶ」と一言
返ってきました。
目もぱっちり開いていたけど、今日はつぶったまま何もいわず。



母のことも心配がつきませんが、私自身も毎日くたくた。
それでも美術鑑賞、観劇はやめられない。
来週は六甲まで観に行ったM氏の新作個展が東京で開催。

それにしても何点か持っているアート作品、私になにか
あったら譲れる人がいないから、美術館に寄贈或いは
寄託を考えないと、と本気で思っている。


明日は仕事が休みなので、すぐ物がなくなるブラックホールのような
部屋を掃除しなければ。

2011年11月09日

かかとの褥瘡完治

111107h.jpg


自宅玄関脇でキクの花が咲いてます。

母のかかとの褥瘡、ついに完治。
一安心です。

しかし、左ひじがすりむけた傷があり、これがなかなか治らない。
左腕は硬直があり、肘からくの字にまがっているのですが、食事や
体の向きを変えるときに肘があたると簡単に皮膚が剥けてしまう。
治りそうで、治らない。
今は、これが一番心配。

早番の仕事をして、いったん上がってから制服脱いで、私服に替えて
入居者の家族として母の夕飯の介助も、たまにする。
(制服着ていると、いつまでもスタッフ扱いになってしまうので)

食べ終えてから、口腔ケアして、部屋に戻ってパジャマに着替えるのも
私がやるから、終わるのは午後6時過ぎ。
朝、6時半から仕事を始めているから12時間仕事してるようなもの。
ものすごく疲れます(x_x)


8日は仕事が休み。
以前手術した私の眼の検査のため、朝7時前に自宅をでてお茶の水の病院へ。
病院指定のクリニックにて、頭部のMRI撮影してもらい、フィルムをうけとってから
すぐそばの病院で医師の診察をうける。

めったに見られないこれが私の頭部の断面図。

111108z.jpg


病院を出たのは午後1時。

休みとはいえ、自分の思うように過ごせないととても疲れます。
たとえ一日中歩き回ろうと、自分の好きで出かけるならさほどつかれないのですが。

2011年11月02日

かかとの褥瘡よくなる

母のかかとの褥瘡は、この一週間で目に見えて良くなっています。
両方のかかとにあったのですが、片方はすっかり治りました。
あと少し。
寒くなってきたので、母の為のセーターとトレーナーを購入。
もしかしたらこの服を着てもらえるもこのシーズンだけかも。
そんな感じもするが、わずかかも知れないけどこんな時間が過ごせるのも
うれしい。


しかし親戚に訃報あり。
母の妹の旦那さんが今朝無くなったと、連絡があった。
暫く会ってなかったのですが、今年1月にお腹が痛いと
いったのが始まりで、その後入退院を繰り返していたのだとか。
母より年下で70代だったのだが。

明後日4日が通夜、5日が告別式。

2011年11月01日

バンコマイシン使用終了

先週金曜日から使用開始した抗生物質バンコマイシン。
一日一回、約1時間かけて点滴してましたが五日目の今日で終了です。

母の両足のかかとの褥瘡、8月に褥瘡ができてから
なかなか治らなかったのですが、最近になってようやく
だいぶ良くなってきました。

これでMRSAの陽性反応が出なければ良いのですが。

今日は仕事が終わってから、庭の柿の実を一部収穫。
約25,6個採って、ご近所4件にお配りする。

柿の木にはまだ20個ほど実ってます。
今年は大収穫です(^.^)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。