2012年08月21日

業者さんに来てもらい庭木の手入れ

職場の施設の敬老会が9月2日(日)におこなわれることになり、スタッフは何らかの
ものを披露することになっているので、今年は私のところは一昨年もやった
「ソーラン節」をやることになりました。
「ソーラン節」といっても、中高生がやるようなアレなのでハードです。
仕事が終わった後、練習なのでさすがに疲れます。


母の方は、先日血便がでましたがその後は出てないようです。
気になるのは、7月末に出来た左足の剥離の傷が未だに赤く腫れて治らないこと。
今までは水で洗ってから、プロペト(軟膏)を塗ったラップをはって、その上から穴の
開いたポリ袋を被せて作った特製「ポリパット」を当ててました。

担当ナースが、ドクターと相談してくれたこともあり、傷は洗ってから「ポリパット」を
当てることにしました。
プロペト、ラップは無し。
傷口を乾かした方が良いかもしれないので、少しこれで様子をみることになりました。



そして私は、昨日今日は連休。
昨日は、庭木の手入れと草刈りのため造園業者さんに約1年ぶりに来てもらいました。
大きくなったプラムの枝になんと、鳥の巣が!

この写真ではちょっとわかりにくいですが、中央の黒っぽい固まりが巣です。
2012年8月20日 庭のヒヨドリの巣


お隣さんの奥さんが出てきて「(鳴き声が)うるさくて、これで朝目が覚めるのよ」とのこと。
さらには「(うるさいから)かわいそうだけど処分しなきゃね」と、とんでもないことを言う。
「処分」てなによ。捨てて殺しちゃえ、ってことじゃないか。

そもそも、このお隣の方が境界線ギリギリに家を建てていて、以前も「風が強いと
(うちの)木の枝がざわざわしてうるさくて眠れない」と言ったこともある。

庭には薬をまいているから、去年も一昨年も毛虫の大発生はしてないのに毎年
「去年は毛虫がすごかったのよ」と繰り返す。
年齢はもう70近いかな。
多少、認知症もでているんだとおもうけどかなり自己中心的です。

造園業者さんが言うには、鳥はどうやら「ヒヨドリ」らしい。
雛が三羽もいました。
もちろん巣はそのままにしておきました。

業者さんは朝8時に来てくれて、午後2時前には終了。
すっかりきれいになりました。
私一人で庭木の手入れはとても無理なのでやはり、年に1度は入ってもらわないと無理です。
毎年、同じ業者さんに来てもらっているから、いろいろお話を聞かせてもらえるのも結構好きです。

本来なら、殺虫剤をまいてもらうのですが噴霧器の調子が悪いと言うことで、後日になりました。
今回、料金は去年と同じ5万円也。

黄緑の葉の上に、黄緑のカマキリ。
なんだかきれい。
2012年8月20日  庭のカマキリ



posted by みどり at 07:56| Comment(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

母の浴衣は敬老会で

せっかく施設の「夏祭り」で母に着てもらおうと、浴衣を買って
用意したのにそれを着てもらえなかったこと。

なんでこんなことになったのか?

最初は、施設側で用意するレンタル品にします、とは言ったけれど
後日、こちらで買ってきたからと上司にはもちろん居室担当の
スタッフはもちろん、他のスタッフにも伝えておきました。

夏祭りの前も、当日も私は休みをとって来られないから、
浴衣は居室のクローゼットの中に入れておきます、とも念押しの
つもりで伝えておいた。

にもかかわらず、夏祭りの前日、レンタル品を誰がしようするのか
というチェックをしたスタッフが、私が浴衣を買ってきたのを
知らなかった&クローゼットの中を見てなかった。
さらにはその最終チェックを居室担当者がしてなかった。

全体的に言えるのは、今年になって会社合併のため、上のスタッフの
役職が変わり、そのため仕事の内容もかわり慣れてなかった為と
思われます。

とにかくせっかく用意したのに、悲しいし、あれだけ回りに
持ってきたのを伝えておいたのにそれがまったく伝わって
ないのが悔しい。
この件の後でも「こんなことぐらいで文句言うなんて」と影で
言ってるスタッフすらいるのも知っています。

改めて、私が持ってきた浴衣を母が着てるところを見たい、
が私の正直が気持ちであることを上のスタッフに伝えました。
また、浴衣のチェックをしたスタッフが同じ事を上にスタッフに
伝えていたことから、9月2日にある施設の「敬老会」で着て
もらう事になりました。
やっと私の気持ちも収まりました。
他の日でもいいのですが、普通の日では私も何だかな、でしたので。

話変わって、昨日は朝、母のオムツ交換をしたら血便が出ていました。
こんな事は初めてです。
ちょうどこの日は、午後担当ドクターが往診に来る日。
もしかしたら胃潰瘍があるかも知れない、とのこと。
来週はドクターも夏休みに入ってしまうので、そうなると
連絡がとれないし対応もしてもらえないので念のためにと
薬をもらいました。
錠剤ですが、水ですぐ溶けるので空腹時に飲ませるように
とのこと。

夕飯後、夜勤者が飲ませることになりました。




2012年08月04日

母の浴衣の顛末

8月2日は、母の誕生日。
去年の9月15日に今の施設に移転してから、この日が迎えられるとは思いませんでした。

スタッフから御祝いのカードをもらったのですが、それを見てびっくり。
夏祭りの浴衣姿の写真をつかったものなのですが、よく見たら
母が着てるのは私が用意した物じゃない!
祭りの翌日、写真を見せてもらってはいたのですが、パソコン内の
小さな写真だったので違いに気がつかなかったのです。

あんなにスタッフの何人かに浴衣を持ってきたこと、部屋のクローゼットの
中に入れたことを伝えたのに。
入居者全員が自前の浴衣を用意するわけではないので、そういう方の
為にレンタル品を用意するのですが、母が着ていたのはレンタル品だったのです。

がっかりです。
スタッフからも施設長からも、謝られたけど、せっかく母のためにと
用意した物を着てもらえず、涙でてしまいました。
来年はもう着られないかもしれないのに。
安物であってもせっかく用意した物、着て欲しかったです。


2012年08月01日

夏の小旅行と、施設の夏祭り

先週、金土日は休みをとってました。
そして昨日の火曜日、今日の水曜日もまた休みをとってます。
休んでばかりですが、夏休みなんて無い職場ですから、まあ良いことにしよう。


土曜日は、午前中東京国立近代美術館の展覧会を見てから、
午後は東京駅から新幹線に乗って新神戸へ。
神戸で行われる劇団維新派の公演を観るためです。
この劇団だけは、全国どこで公演をやろうと観に行くことに決めています。
夜公演を観てから、その夜はJR三ノ宮駅に近いホテルで一泊。

翌日日曜日は、午前中は六甲オルゴール・ミュージアムへ。
ここは去年の10月に行って以来。
あのときはアーティストM氏の個展を見るためでしたが、わざわざ行ったかい
あって、とても可愛らしい作品とご縁ができました。

午後は維新派の千秋楽公演を観てから、すぐ帰りました。


日曜日は、母が入居してる施設の夏祭り。
職場でもあるのですが、神戸へ行くため休みを取ってしまいました。
少々後ろめたさもあったのですが、このために行かれなかった、と
思うのもいやでしたから。

月曜日出社してから、母の浴衣姿の写真を見せてもらいました。

考えたら母の浴衣姿なんて初めてみました。
いままで一度も母が浴衣来てるところなんて見たことありません。
母がまだ若い頃、職場の社員旅行の宴会で浴衣を着てる写真が
ありますが、これでしか見たこと無いです。

ここ数日の母は食事量が減ってます。
8割食べられたら、良い方です。
ミキサー食、水にはとろみ剤でとろみをつけてますが、それでも
今の母には飲み込みのが難しいです。
この前も私が「ゴックンしようね」と声をかけたら「のめないよ」と
めずらしく返事が返ってきました。
返事があるのはうれしいのですが、内容はちょっと悲しいです。


今、家では赤紫蘇とつけていた南高梅を天日干ししてます。
今日が二日目。
なかなかいい出来具合のようです。

梅干し 2012年8月1日 天日干し二日目



昨日、今日、休みを取ったのは受講している放送大学の単位認定試験日だからです。
今日はこれから試験を受けに行ってきます。


posted by みどり at 09:45| Comment(0) | 自己紹介をかねての経過説明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。