2012年09月24日

母、軟便続く


月曜日、土日は仕事だったので今日は休日。

母の左足の傷はすっかり良くなりました。
一ヶ月たっても治らなかったのに。
軟膏(商品名リンデロン)の効果絶大でした。

先日、時々出ていた赤い発疹もその後は出ていません。
あれはいったい何だったんだろう?

なんとなく思い当たるのことが一つあります。
新しく買ったTシャツ、そして家にあった下着の半袖シャツを持っていって
着てもらった直後に発疹がでたのです。

新しいTシャツが肌に合わなかったか?
或いは家から持っていったシャツにダニか何かついていたとか?


今また別の気になる事態も出てきています。
母はいつも軟便なのですが、一週間前くらいから水洋便が続いていることです。
数日前から薬(商品名ビオフェルミン)が処方され、毎食後飲ませています。

今はミキサー食ですが、これを食べさせるのも日に日に難しくなってる感じがします。
とろみはつけてあるのですが、すぐにむせるし、全量食べるさせることは無理になってきました。
無理に食べさせて、吐いてしまったら元も子もありません。
今は、普通の食事の前に補助栄養飲料の「エンシェアH」をゼラチンで固めた物を1缶の半分
食べてもらっています。

私は昼食時に母の食事介助をさせてもらっているのですが、8割なんとか食べさせるのに
約4,50分かかっています。
これだけのことなのに、正直言って私もクタクタになります。

スタッフが足りないこともあって、仕事は忙しく職場ではイライラしてばかり。
これではいけないと思うのですが、休みの日に息抜き出来でも職場に行けば
同じ事で、どうしたものか・・・。



以下、母の事とは別のことも少々
(ここは私の日々の暮らしのことも書くブログでもありますので)

10月には今参加している日本画教室のグループ展があります。
それに向けて絵を3点出すつもりです。
2点は既にある絵を、もう1点は今制作中なのでなんとか間に合わせたい。


株取引と、一度は止めたFX(外国為替証拠金取引)も再びはじめました。
大金をつぎ込んでいるわけではありません。

株は或る本を読んだら、取引をやって1年経過後、元本割ってなければ才能有り、と
あったのでいいせん行ってるようです。


FXは以前やりはじめたとき、難しいと思ったのですが新にはじめてみると
意外とわかりやすい。
以前はシュミレーションもやらずにはじめたからでしょう。
今回まずは証券会社で提供してくれているシュミレーションを、しばらくやってみたら
面白いではないですか。
なので、元手5万円から再開しました。

こういう取引を数年やって勉強したのは、損したからといってそれを取り返そうと
さらに資本をつぎ込まないこと。
そして、証券会社で提供してくれる確かな情報には必ず目を通すこと。
そして欲張らず、キリの良いところで止めること。

コツコツ地道に、が一番良いようです。



2012年09月15日

母に赤い発疹


2012年9月15日 庭のニラの花



冒頭の写真は庭で咲いていた花です。
これはニラの花。
育てているわけではないけど、毎年同じ場所に生えてきます。



母の左足の傷が一ヶ月たっても治らないので、担当ドクターより軟膏が
処方されました。
商品名リンデロン。
これを傷に塗って、ポリ袋を被せて作ったポリパットを当てることにしました。

さてどうなるか・・・と、思ったらその夜から朝にかけて母の腰や腹に赤い発疹がでました。
昼食時に確認したら、どこが赤かったっけ?と思うほど、ほとんど引いている。

安心したら、また翌朝にはさらに広範囲に発疹が出ていました。
ナースよりかゆみ止めの軟膏を渡されたので、これを塗る。

母に「どっかかゆい?」と聞くと、「だいじょーぶ」と返事がありました。
今の母はほとんどしゃべらないので、返事があったことも珍しいのですが。

この日も、昼食時にはすっかり引いていました。
その後は、発疹が出る様子も無いのでホッとしてます。

なぜ発疹がでたのか原因は分かりません。
軟膏?
食事?
何かの感染?

左足の傷も赤く腫れ上がっていたのが、平になって赤みが引いたようです。
こころもち傷の範囲が小さくなったような気がするのですが、まだ様子見です。




2012年09月07日

敬老会、無事終了



9月2日(日)は職場であり、母が入居している施設でもある老人ホームの敬老会。
少し早いですが、一週間づつずれて同じ建物のなかにあるグループホーム、
デイサービスが順番に「敬老会」を行います。

この日は午前11時から午後1時半頃まで、老人ホームの入居者の方々はいつもと違って、
1階のデイサービスのフロアーへ移動。
日曜日はデイサービスは休みで、このフロアーはあいています。

もちろん前日に、会場の準備も夕方から私達がしておきました。

昼食は入居者の家族も交えてのバイキング形式の昼食会。
お寿司、天ぷら、煮染め、お吸い物、フルーツ、デザートなどなかなか豪華です。
12時過ぎから、節目の年齢の方の御祝い、最後はスタッフのソーラン節の披露で終了。


他のスタッフが母に、私が用意した浴衣も着せてくれたし、写真も撮ってくれたので
やはりうれしい。

そして私は「スタッフ」として、母の食事の介助。
バイキング形式なので、いくつか品物を見繕い厨房にたのんでミキサー食にしてもらいました。

ソーラン節も、この日は参加メンバーは午前中に打ち合わせ&練習。
はじめてはっぴ、鉢巻きして皆さんの前で披露。
なんとか無事終了しました。

片付けの後は、スタッフもバイキング形式で昼食を取らせてもらえるのがうれしいです。
もちろん残り物ではなく、スタッフ用に用意してくれた分(^^)

まもなく、母がこの施設に移ってきて1年になります。
まさか去年の今頃は、母が一年持つとは思いませんでした。

今気になるのは、母の左すね部分に出来た傷が一ヶ月たつのに未だに治らないこと。
悪くなってはいないのですが、赤くなったままで新しい皮が出来る様子がみえない。
足だから血流が悪いのか?


4日(火)には、先日来てもらった造園業者さんに今度は庭木に薬をまいてもらいました。
木にあったヒヨドリの巣も、雛はもう巣立ったようでいませんでした。

庭の柿の木は、今年もまた豊作らしい。
まだまだ暑くて夏の感じですが、柿の実は少し色づいてきました。
20120年9月4日 色づいてきた庭の柿




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。