2013年06月26日

お金の話&投資の話


2013年6月24日  バジルの花


ここ数日のことを。
主にお金のはなし、投資の事を書き留めておきます。
(冒頭の画像は、庭のバジルの花です)

仕事を終えてから、朝から腰が痛むので整骨院へ行くと骨盤にゆがみが出ている
と言うことで、マッサージと骨盤矯正を受けたらだいぶ楽になりました。
夕方から研修がありこれにも参加して家に戻り夕飯。
眠くなって横になったらもう夜中12時過ぎてしまい、入浴してから
このブログの記事をかいています。


銀行の相続の手続きでは一番最後になっていた、ゆうちょ銀行。
ようやく相続手続き完了のお知らせが届き、母名義の貯金払い戻しの
証書も同封されてきました。
さっそく払い戻しをしてもらい、自分の口座に入金。
このお金で国債を買うか、定額預金にするか迷っています。

母のメインバンクから相続した預貯金の一部は、インターネット専用の積み立て
投資信託を買うことにしました。
今までの経験で一度に投資信託を買うと損失を出したことがあります。
毎月買う方が安全だと分かってきたので、積み立てにすることにしました。

投資信託もいろいろありますが、選んだのは申込手数料不要&インデックス投信。
そのなかの国内外の債権、株式&日経255など4種。
あと1種類、こらから申込みをするつもりです。

値動きが激しいといわれるREIT(不動産投信)はさけました。
うまくいけば利益を上げられそうですが、安全圏を狙います。


去年の秋からの株式投資で、春までにはそこそこ利益をだせました。
株式投資(現物取引)そのものは、約4年ほど続けています。
が、このところの株価急落で損失を。
とはいっても元割れはしないところで押さえられたし、また少し利益をだせて
持ち直したので気をよくして、資金を増やすことにしました。

やはり去年の秋から本格的に始めたFX。
こちらはかなり損失をだしたし、どうも私には難しい。
こちらは手を引くことにしました。


相続の手続きで残っているのは、税務署。
まだなかなか手がつけられません。
posted by みどり at 02:26| Comment(2) | 母の葬儀後の手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

相続登記完了&庭木の手入れ

ブログ更新が滞っていました。

下書きをワードに書いてからブログ投稿画面から入力するのですが、
このところ下書きをするのに投稿前に力尽きている、という日々が続いていました。
最近は仕事がほんとにきついです。
体力的にきついのに月収はすくないので、これでは割に合わないと感じています。
今までは、母が施設にいるからこそ、頑張ってきましたがさすがに
もうクタクタです。
なんども同じ事かいている気がしますが、今度は本気で今後の事を考えねばと、感じています。



早いもので4月15日に母が亡くなってから、はや二ヶ月。
あれから色々なことをしてきたせいか、なんだかもう半年くらいたった気がします。

資産運用の事について私がブログにかいたので、ダイレクトメールをくださった
方もいて、ありがとうございました。




18日(火)は仕事は休み。
庭木の剪定、草刈りのため毎年来てもらう造園業者さんに来てもらいました。
業者さんの方から、今年もどうですか?と電話があったのでこの日に
来てもらったのです。

ここしばらくは庭をゆっくり観ることもなかったので、業者さんにいわれて
初めて庭のびわの木に、実がなってることに気が付きました。
2013年6月18日 庭のびわ


実は小さいけれど、とってもジューシーで甘くおいしかったです。

そしてまったく実がならなかった、と思っていたソルダム。
2個だけなっていました。

2013年6月18日 庭のソルダム


庭では3種の紫陽花の花が咲いています。

2013年6月18日 庭の紫陽花1


2013年6月18日 庭の紫陽花2


2013年6月18日 庭の紫陽花3




この日は、業者さんの作業も朝8時半頃からはじまり午後、1時半頃には終了。
この間は、私も業者さんと話したり、お茶、お菓子を出したりと忙しい。
すっきり、きれいになりました。
(今年もお値段は去年と同じ、5万円でやっていただけました)
最後に、缶ビールをお渡ししたのですが、業者さんは三人なので缶ビールを
一人2本のつもりで6本かったのです。
しかし後で気が付いたら2本、家に残っている。
と、いうことは4本しか渡してない・・・。
あの奥さん、気がきかねーな・・・と、思われるだろうな。
私、奥さんじゃないけど。


その後は、整骨院へ行ってマッサージを受ける。
さらに松戸の法務局へ。
先日、相続登記の申請をして、6月14日までになんの問い合わせが来なかった・・・・
ということは無事登記完了と、いうことなので書類を受けとりに行ってきました。

そしてすぐ近くの松戸の文化ホールでは松戸市美術展覧会展が開催中。
今年は出品しなかったのですが、観てきました。
帰ってきてから、クタクタでなにも食事の支度する気になれず、お菓子を
食べてごまかしてしまいました。
体に悪すぎ。

気をつけなければ。
posted by みどり at 02:43| Comment(0) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

土地と家屋の相続登記の申請完了


今日は仕事は休み。
洗濯などやっているとあっという間に昼12時になってしまう。
前日のうちに用意をしておいたので、早速松戸の法務局へ。
母が亡くなったので、土地と家屋の相続登記の手続きをするためです。

4月に一度、法務局へ行って用意する書類のことは聞いていたので
全部きちんとそろえ、今日は一度で済ますつもりででかけました。
そう何度も来て、せっかくの休みをつぶしたくありません。


午後1時過ぎに法務局へいくと、相談窓口は待ってる人が無く
すぐ対応してもらえました。
向こうの係の方は、たしか4月に相談対応をしてくれた方。

今回私が用意したのは以下のものです。


1.被相続人(母)についての書類。
母が生まれてから死亡するまでの戸籍謄本全部。
母が生まれた東京都大田区、離婚した相手の宮城県登米市、本籍地の千葉県
松戸市の三カ所で戸籍謄本(原戸籍)をそろえました。

除住民票(本籍を載せたもの)


2.相続人(私)についての書類。
戸籍謄本、住民票。


3.固定資産税(土地・家屋)の納税通知書(平成25年度分)

4.登記済み証(権利証)
これは前回、法務局に来たときに請求してだしてもらってました。
後で家の中を見たら、昔の権利証はありました。

5.登録免許税
土地と家屋の価格(課税価格、1000円未満切り捨て)の合計の1000分の4
(100円未満切り捨て)
これは当日、係の方が計算してくれて4万5700円分の収入印紙を買いました。
法務局内で販売所があります。


6.相続関係説明図
前回来たとき、書類の見本をもらったのでこれを参考に母と父、私の相関関係図を
パソコンで作成。
父母の死亡年月日、私の生年月日なども記載。



係の方に観てもらうと、少し不備があったのは相続関係説明図。
母は一度離婚をしているので、その相手のことも書かねばいけないのに抜けていました。
でもこれは持っていった書類に、手書きで書き足すことでOK。

さらにその場で書き込みをする書類もあり、これはすぐに書けました。

係の方に言われて収入印紙を買ってくる間に、書類は片側を綴じられて簡単な
冊子の形にしてくれていました。

印鑑を数カ所押して、申請窓口に持っていって提出。
これにて相続登記の申請を済ますことができました(=^0^=)

土地も家屋も、父が亡くなった後は母と私で二分の一ずつ、相続をしていたので
当初考えていたより登録免許税も半額で済みました。

特に問題が無ければ6月14日に登記完了予定だそうで、この日以降に
また法務局へ行って、「登記完了証」「登記識別情報通知書」を受けとれば完了です。


相続登記は難しいかと思っていましたが、思ったよりずっと簡単に済みました。
相続人が私一人だからだと思います。

全てが完了したら、最後の難関、税務署の書類に取りかかることにします。
posted by みどり at 23:22| Comment(4) | 母の葬儀後の手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

四十九日&納骨式終了

2013年6月3日 庭のユスラウメ

庭のユスラウメの実の色が濃くなって、ほれぼれするくらいきれいな色になっています。

6月1日(土)に母の四十九日の法要&納骨を済ませました。

前日、外出から帰宅するとお寺さん(ご住職の奥様)から、7月が新盆
だからお盆のお経も一緒にやりましょうか、との連絡(留守電)がありました。

そうなにもかも一緒にやるのもあわただしい気がするけれど、お寺さんの
方からいってくるのだからいいかと、やっていただくことにしました。
結局前日は、メッセージを聞いたのは夜も遅くなっていたので当日の朝に
なって電話連絡をしました。
しかし、そうなると当初用意した金額のお布施では足りないかなとうかがって
みるとプラス1万円でよいです、とのこと。
でも、はっきりしているお寺さんでよかったf(^―^;




一人で骨壺や花を持って電車でお寺まで行くのは、とても無理なので
タクシーで行くことにしました。

持っていくのは骨壺、それと一緒にしてあった埋葬許可書。
お花、お供物、白木の位牌、新しく作った位牌、昔母が作った古い位牌。
古い位牌は、お寺で引き取っていただきます。

9時過ぎに車に来てもらって、松戸市の自宅から約1時間で都内
江戸川区のお寺に到着。

ついて早々にお布施をお渡しする。
(これはご住職の奥様に言われたので)
この日は親戚の人も来ないので、私一人。
お寺の方に言われて、先に墓石に花をあげておくことにしました。
水を入れた桶を墓石前に置いて、これが石材屋さんへの目印。
お寺の中で、11時からご住職にお経をあげていただく。

「真宗勤行集」という冊子があり、これはお経にふりがなも振ってあるので、
ご住職にあわせてちょっとだけ読んでみる。


お経もすみ、12時過ぎにお骨を持って墓石の方へ。
石材屋さんが、すでにお骨を入れられるように墓石を開けてくれてました。
中を見るのははじめて・・・かな?
約30年前、父が亡くなったときに見ているはずなのですが覚えてない。

今回、中を覗くと父の骨壺だけと思ったら三つもある。
一つは今回の母の骨壺と同じ大きさなので、これは父の骨壺のはず。

その他に小さく、茶色い骨壺が二つありました。
二つともフタが割れている。
これは誰が入っているのか???
まったく分かりません。
父の両親か、きょうだいなのか。
今のお墓を作る前の事は両親から聞いていなかったので分かりません。

でも、お寺さんにきいてみればわかるのかな。
伺いそびれました。

再び墓石を締めて、ご住職がお経をあげてくださる。
お経が済むと総べて終了。

いったん控え室に戻ってから石材屋さんにお支払い。
この後、墓石に母の戒名を彫っていただくことになりました。

これで帰って良いのですが、私が介護の仕事をしてることもあるせいか
ご住職の奥様から介護のこと、老人ホームのことについていろいろ聞かれました。
どうも身内で介護の必要な方がいるようです。
後でうかがったら、奥様は私と同い年でした。

母をやっと送り出すことができました。
良かった良かった。
これで私がいつ死んでも、誰も困らない。
私にとっては大きな責任が一つ減ったので、或る意味気が楽になりました。

12時40分頃お寺を出る。


この後は、そのまま家に帰るつもりはなく、喪服から普通の服に着替えて
遊びに行ってしまいました。
世田ヶ谷パブリックシアターで山海塾公演、渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムで
「アントニオ・ロペス展」、渋谷パルコ劇場でフィリップ・ジャンティ公演鑑賞。
なにかやっていないと落ち着かない人間なので、クタクタになっても行ってしまいます。



そして昨日、月曜日には墓石に置く香炉(線香置き場)も新しいのが用意できて
「置いてきました」と葬儀会社の方から連絡も入りました。
納骨には間に合いませんでしたが、まあいいです。


今回のことで使った費用は以下のとおりです。

お布施  12万円
(納骨式といっても私ひとりなので、お布施しかお渡ししていません)

石材屋さん  5万円

タクシー代 約6800円

香炉代  8万4千円



日、月、火は仕事で明日、水曜日は休み。
書類も用意できたので、午前中に土地と家屋の相続登記の手続きのため、
法務局へ行ってきます。

posted by みどり at 20:55| Comment(0) | 母の葬儀後の手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。