2013年11月17日

喪中の挨拶状の印刷

ブログ更新が、久し振りになりました。

nant.jpg

庭の南天の赤い実がきれいです。
この赤い実が観たくて、人にも見せたくて、通り沿いの庭の端に南天を植えたのです。
南天はこぼれた種からでもすぐに芽が出て、成長が早い木です。

そして玄関横では菊の花がかわいいです。

ikuh.jpg



10月に瀬戸内国際芸術祭を巡る旅に出かけていました。
途中台風の影響で思うように移動できない日もありましたが、とても楽しい旅が出来ました。
船に乗って瀬戸内の島々を巡るアートの旅は、アート鑑賞の楽しさだけでなく
海と空の美しさが堪能でき、限られた交通手段と、限られた時間の中で島々を巡る
ゲームのような感覚もある旅でした。

一人旅ですが、旅先で知り合いも出来ました。
瀬戸内の旅は、不思議と他の一人旅の方とお話をする機会が多かったです。
おそらく友人と連れだっての旅だったら、こういう出会いは無かった思います。
通常では話をすることが無い知らない方と、自然に会話が出来てしまう旅でした。
これは出会った方々も、同じ事を言っていました。



そして旅から帰って今日まで約1ヶ月。
この一ヶ月の間に、職場の有料老人ホームでは4人の方が相次いで無くなりました。
もともと、他では入居を断られるような、末期の方でも受け入れる施設なので
いつ亡くなってもおかしくない方ばかりなのですが、お一人は入居して数週間で
亡くなられています。


早いもので11月ももう半ば。
昨日は近所のスーパーに、喪中の挨拶状の印刷の注文をしました。
チラシから絵柄、文章を選ぶだけ。
さらに私製ハガキに切手をつけるか、通常ハガキに印刷するかを選びました。
私は切手を貼って送りたかったので、私製ハガキで申込みました。
親戚、友人、知人も多くは無いので、40枚で申込み。
受け取りは数日後です。



posted by みどり at 23:23| Comment(0) | 母の葬儀後の手続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。