2014年01月03日

年末のアート徒然。

2014年1月2日 庭の水仙の芽


寒い日が続きますが、庭をよく見ればもう水仙の芽が出ていました。



「アート鑑賞日記」の方では書きづらいことを、こちらで少々。


作品を購入したY氏の作品展が行われたので、作品をお貸しする。
作品展終了後、ご本人がわざわざ最寄り駅まで作品を持って来てくださった。
この方はフェイスブックに作品の写真を多数、アップされているので
私もそれが観たくてフェイスブックに登録をしたけれど、フェイスブックって
使いづらくて見づらくてどうも好きになれない。
世界中でもっとも多く使われている、と言われても。




秋にアーティストM氏の展覧会が都内の美術館で行われたため、何度か観に行く。
他の方にも言われたけれど、私の場合は作品を観ると言うより「作品に会いに行く」
という言い方が当たっています。
名古屋、神戸、大阪、天城、東京と各地が行われた展覧会も全て
観に行って楽しかった。
この方の作品もまた1点購入できた。

東京の展覧会も終わった後で、作品映像が収録されたDVDをいただいた
ので、後日メールでお礼を伝える。
この時に、春に母が亡くなっていたこともお伝えする。
こんな個人的なこと伝えなくても良いのだろうけど、今年は各地で
開催された展覧会に全て足を運んだので、ヒマなヤツと思われているん
じゃないかと、それがイヤだったのです。
「今年はみんな来たね」なんて言われたし。

もちろんヒマがなければ行かれないが。
ヒマというからいけない。
遊ぶ時間、出かける時間など「時間」はあるから使うんじゃなくて、
使うために「作るもの」だと思っています。

この後、M氏とは次の個展の時までお会いする事もないので、こちらの詳しい
事情を書いても気が楽だったせいもあります。
メールでの連絡は、こちらも必要低限の事しか書かないし、向こうからも
最低限の返事か、時には返事すら来ないこともあるから今回も返信は無い
だろうと思っていたのですが、すぐに返信があった。

儀礼的なものかも知れないけど、こちらを気遣ってくださる文面を読んで涙が出てしまった。




小さく精巧で美しいオブジェを作るK氏の個展。
細部まで手作りのため年に5,6個しか制作されないからファンでコレクターの
方々は毎年個展の初日前日からギャラリー前に列びます。
私もこの列にならぶようになり、今回で3度目。
今回は前日の昼12時の時点で私を含めて5人が列んだ。
ギャラリーのご厚意で、夜はギャラリー内で過ごせたのは助かりました。

端から見たら呆れられそうですが、一つしかない物を手に入れたい
というファン心理ということでご理解していただけるだろうか。
このK氏の展覧会も、会期中は何度も観に行ってしまいました。



人の心を動かす作品を作る方々、すごいと思います。
私も人の心を動かす何かが出来ないものだろうか、と思うのですが、さて。
今のところはブログでの情報発信がやっとです。
posted by みどり at 23:15| Comment(0) | アート徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。