2014年03月27日

もうすぐ一周忌


すっかりこちらのブログ更新が滞っていましたが、元気にしています。
暖かくなってきたので、庭の花も次々咲き出しました。
下の写真は三枚とも今日撮影した物です。

ユキヤナギ
2014年3月27日 庭のゆきなやぎ



ボケの花。花はかわいいのですが枝の刺が鋭い
2014年3月27日 庭のボケ




スモモの一種、ソルダムの花。
花がいっぱい咲きますが自家受粉では実が実らないのが残念
2014年3月27日 庭のソルダム



そんなこんなですが、母が亡くなってからもうすぐ一周忌。
この一年思いっきり、走ってきた感じがあります。
不動産登記の手続き、遺産相続の手続き、一人でやってきて全て完了(^^)

年明けになってから母宛に、税務署から確定申告の書類が来ました。
えー、まだ手続きやるの?
しかし、去年の母の収入なんて年金だけで数十万円しかないんだからこんな書類
書く必要ないのでは?
と、思い税務署に電話で問い合わせてみると、もちろん提出する必要はないと返事をもらいました。
コンピューターが自動的に発送するから、そのままほっといていい、と
電話口の係の人は言いました。
やれやれ、ほっとしました。

が!発送にはお金がかかってるでしょ!?
こんな所で税金を無駄に使わないでよ!って、思いましたよ(--#)



4月、母の一周忌法要おこなうことにしました。
参列者はいないし、私一人でお寺さんにいくだけですが、お寺には
もちろんもう連絡したのであとは来月をまつばかりです。


以下、ここ最近のことを色々と。

介護の仕事は続けていますが、ちょっと辛いなと感じます。
腰痛もあるし、去年の11月頃からの左手首の腱鞘炎も整形外科に
通って治療を続けていますが治りません。
右腕は、もともと以前乳ガン手術に伴って脇の下のリンパ節を切除
していることもあり、違和感があるのですが最近は指のしびれを
強く感じるようになってきました。
今の仕事を辞めれば良くなるのは、わかるのですが。




母が残してくれたお金も無駄にしないようにと真剣に考えるようになりました。
今まではあえて、考えるのを避けてきた感じでした。

ところで母のメインバンクの方から、相続後しつこいくらい金融商品の説明をなんども受けました。
しかしコレも、ある程度自分でも勉強しないとダメですね。
以前銀行の方の言うこと鵜呑みにして、一度に投資信託買ってかなり損した経験があります。
今は毎月積み立ての投資信託を買っていますが、毎月分散することでリスク回避になります。
投信は一度に買う物ではない!、と実感しています。

去年夏にとりあえず、口座を開設したネットバンクの楽天銀行。
半年も立って数日前にやっとログイン。

今使っているパソコンももう使いだして7,8年。
OSは今年4月でサポートの終わるWindows xpなので、パソコンそのものを
そろそろ新調したくなっています。


年明けになって友人の一人が去年の9月に亡くなっていたことを知りました。
映画友だちでしたが、ここ二年くらい会うことは無かったのですが、年末に
年賀状欠礼のハガキを出したら年明けになって、友人のご主人からハガキをもらいました。
このハガキが来ていたことも、他の物に紛れて気が付くのが遅くなってました。

友人は乳ガンのため、9月に亡くなったそうです。
私よりずっと若かったのに。

私の周囲では、数年前に知人がはやり乳ガンで亡くなっています。
この方は、以前務めていた会社の年上の同僚。
年は6,7歳上でした。
乳ガンで手術をしたと、人づてに聞いたのですがその後、約1ヶ月で亡くなっていました。
この方は私と同じでお母様と二人暮らし。
高齢のお母様だけ、一人残ってしまいお気の毒でした。


私は乳ガン手術をした後も、元気にしているのでなんだか不思議な気もします。
生きているのは母の介護のためと、思っていました。

介護が終わっている今も「生かされている」という感じがしています。
こんな私でも、きっとなにかの為になっているのかもしれません。





posted by みどり at 16:06| Comment(2) | 日々あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
そろそろ一周忌になるのですね、早く感じますね

実は我家も姑さんが1月に亡くなり 少し落ち着いたところです。
成年後見人の仕事も無事に終了しました。
最後の2年間だけ 後見監督人が付いてしまい 仕方ないと諦めましたが

2年前に家裁から通知があっただけで 監督人からは亡くなるまで一度も連絡が来ないまま

亡くなり家裁に連絡すると 一応監督人にも連絡するよう言われ 電話番号を教えてもらったのですが

それから監督人とは 最後の事務報告書提出のため30分ほど話し合いをしただけですのに
その後 家裁から監督人へ50万の支払い命令が届き びっくりしました。

これでは この制度の利用を躊躇する気持ちがよくわかりました。
多分、2年ちょっとの監督料が月2万円で計算されたのだと思いますが

制度を利用して8年ほど 家裁に相談する事も無い状態ですが
第三者後見人や親族後見人の横領問題が出てからは こうして厳しくなったのだと思いますが

結局は被後見人はどう思うのか?

複雑な思いで終了となりました。

2年で済んでよかった、8年も監督人が付かなくて良かったと思うしかないです

50万も支払うなら お世話になったホームへお礼がしたいくらいですが…

そんなこんな、色々ありましたが 生かされてる事に感謝し
頑張っていかないと・・・と思っています。


Posted by ピミー at 2014年04月10日 16:20
ピミー さん、コメントありがとうございます。
ピミー さんも大変でしたね。
それにしても監督人の方への約2年の報酬が50万とはびっくりです。
単純計算で4年なら100万円!?
あれこれやっていただいたのならともかく、連絡もまともに来ない方への支払いならなおさら「こんなに?」ですね。

私は明日が一周忌法要です。

もう一年、というかやっと一年。
この一年いろいろありすぎました。
家と土地の登記の手続き、相続税の手続き。
めいっぱい忙しい一年でした。

これからの自分のことも、しっかり考えて行きたいと思うようになっています。
それでは明日、無事終わったらまたブログでご報告しますね。

Posted by みどり at 2014年04月13日 23:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。