2008年04月21日

大風の中でのピクニック

2008年4月20日の庭に咲く白い花


庭で白い花があちこちで咲いています。
名前も忘れましたが、多分去年私が買ってきてあちこちに植えたんだと思います。

4月19日(土)はグループホームの春のピクニックでした。
スタッフさん、入居者、入居者の家族がそろって地元の自然公園へ行って
持参したお弁当を食べようという予定でした。

木曜日、金曜日が雨なので土曜日はどうなるかと思っていました。
しかし天気は、雨こそ降らないけれど曇りで、なおかつかなりの強風。

まずはグループホームに集合。
11時ちょっと前にグループホームを出ました。
目的地は「21世紀の森と広場」。
家族が車のある方はその車で、私のように車が無いものはタクシーで。
去年の春のピクニックは、ちょうど桜の花が咲いてる時期で天気も良かったのですが
この日は、もう桜の花は終わっているし、風は強いし、ちょっと寒い。
天気が良ければ外でお弁当を広げるのですが、この日はそれもできませんでした。

スタッフさんが、園内のレストランの方と交渉してくれて特別にお店の中で持ってきた
お弁当を食べることが出来ました。
去年は全員一緒にこのお店でお弁当を用意してもらったのですが、今年は各家族で
お弁当をもってくるという形をとっていました。
それぞれの家族でゆっくり過ごしてほしい、とのグループホーム側の配慮だったの
ですがそれが返って面倒で困るなあ、という家族だって少なくかなったはず。

私もどちらかというと、面倒だなと思った方です。
それでも煮物は前日から用意しておきました。

この日のメニュー。
昆布の佃煮入りのおにぎり、大根と厚揚げの煮物、カボチャのマッシュ、
甘めの厚焼き卵、ブルーベリーヨーグルト。
栄養的には合格点かな?
ウインナーも入れようかと、前日購入しておいたのですがこれは塩分も油も多いので
母には良くないと思い、入れるのは止めました。
昆布の佃煮は、以前母が好きだった物です。

おにぎりは、母用にはご飯をお茶碗に半分くらいで握った物を2個用意したのですが、母は
こんな小さなおにぎり1個、全部食べられませんでした。
おいしい、と言って食べてくれたのはうれしいけど。
母は食べてる間中、なぜか私の方を見てばかりです。なぜだろう・・・。

この日、持ってきたデジカメで私と母を撮ってもらいましたが、後でみたら私の顔、
ずいぶん丸く見えるのでびっくりしました。
ちょっと太った?
身長150センチの私、4月頭でちょうど体重50キロでした。
この日は51キロだったのですが、1キロのオーバーがこんなに顔に出るとは思いませんでした。
ダイエットしてもどさないと(^^ゞ

この日、当初の予定では食事の後、皆さんでゲームをして過ごすことになっていた
のですが天候が良くないので早々にグループホームへ戻ることになりました。
私のこと、分かっているのかどうか分からない母ですが一緒にすごせたし、他の家族の方と
お話が出来てよかったです。





posted by みどり at 01:28| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

母の食事のようす

2008年4月7日のスミレの花


画像は庭の隅で咲いているスミレです。


4月5日(土)の午前中に母のいるグループホームへ行っています。
毎日11時過ぎがお散歩時間なので、母と一緒に歩きたかったからです。
コースは前回と同じ、芝桜が咲いている所までの往復。
片道約100メートルか150メートル位なのですが、ほとんど母にしがみつかれての
散歩はなんだかひどく疲れました。

グループホームに帰ってからは昼食。
いつもならここで私は失礼するのですが、母の食事の様子を見たくて介助させてもらう事にしました。

この日のメニューは、ご飯、玉ねぎと油揚げの味噌汁。フキとにんじん、豚肉の煮物。
煮魚、大根とわかめの煮物。カボチャのマッシュ。そして補助栄養飲料の「エンシェア・H」
私が食べさせてあげないと食べないかと思ったのですが、ちゃんと箸を持って食べて
くれました。
スタッフさんいわく、最近の母としては珍しいようです。
「ほらこれも食べようね」と私が勧めているせいかもしれませんが、そうならうれしいです。
大根の煮物は好きなようで全部食べましたが、全体としては半分も食べていません。
食べてる間は私の方を観てばかりでした。
母に「なんでいるの」とまでいわれましたがf(^―^;

「エンシェア・H」はカップに入れたものが100ミリリットルくらい。
母が飲んでいるときに、私が「ちょっと味見させて」と言ったら「ダメ!」ときっぱり。
えーーっ、なんだそりゃ。ほんと!?
まさか母に拒絶されるとは思いませんでした。
「ちょっとだけ味見させてよ」「ダメ」
母は結構ガンコです。

でも最後は飲むのが飽きたのか、飲ませてくれました。
この味は・・・・ちょっと薬の風味のバナナミルクセーキ・・・ですね、例えると。
甘いから飲みやすいようです。

それにしても一緒に住んでいるおばあちゃん、おじいちゃんの方がしっかりしてます。
食事をするとき、母が椅子にちゃんと座っているかどうか気を遣ってくれるし、「ちゃんとたべなきゃあかんよ」と言ってくれたり・・・。


ホーム長さんからは、新しい下着を用意してほしいこと、あと掛け布団が今のは冬用
なので春夏用の軽いものを用意してほしいことを言われました。
つぎつぎいろいろ必要になります。

この日はこの後、家に帰ってから自分の昼食。
そしてこの4月中は就職活動をしないつもりなので、家の周りのトタン製のひさし部分
やむき出しになっている木の部分の塗装を自分でやろうと取りかかりました。
数年ごとに昔は父がやっていたし、私もやってたので時間はかかるけど出来ないことではありません。
これ業者さんに頼むと数十万円かかるから、自分で出来るうちは自分でやります!
ペンキも刷毛も買ってきました。
この日と、翌日は、せっせとはがれかけたペンキをはがしてサビもおとす。
両日とも約1時間くらいしか作業してませんが、やはり疲れますね
思ったより時間がかかりそう・・・(x_x)

ほんとは今日(7日)にペンキ塗りをしたかったのですが、雨が降ってきたので止めておきます。

posted by みどり at 10:44| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

父の命日

2008年4月2日のボケの花


冒頭の画像は庭のボケの花です。
この前、つぼみがふくらんでいたのがようやくほころんできました。

4月2日(水)は父の命日でした。

まずは、土日母のところへ行かなかったので午前中グループホームへ向かいました。
日曜に母の春物の服を4着購入したので、持って行くのが一番の目的です。
しかし服を選んでいて、つくづく自分のファッションセンスのなさがよく分かりました。
そう言えばここ数ヶ月の間、母の服を買っても自分の服を一つも買っていません。
せめて春らしい優しい色の花柄スカーフがほしいなと思います・・・。

昼前はお散歩の時間でもあるので「お花を見に行こうよ」と行って、一緒に外へ
出ました。
どうも母は外を歩くのが怖いようです。なぜかわかりませんが。
私の右腕にほとんどしがみつくような感じで外へ。
芝桜がきれいに咲いているところまで行って帰るのに約20分。
この間「怖い」「早く帰りたい」と言ってばかりでした。
今の母には、花を愛でることは難しい。

この日は看護師のFさんもいらしたので、母の様子も改めてゆっくりうかがいました。
この頃は食事は用意した物を半分くらいしか食べないこと、自発的に食べることを
ほとんどしなくなったので介助しないと食べないこと、栄養補助のため「エンシェア・H」という飲み物を利用していることなど。

「エンシェア・H」は液体で各種栄養素がバランス良く含まれているそうです。
通常はカテーテル(管)で胃に直接流し込んで利用することが多いらしい。
味は分かりませんが缶には「バニラ味」と書いてありました。
Fさん曰く、かなり濃い味らしいです。
何も食べられなくなっても、この「エンシェア・H」を一日3本とればなんとか最低限の栄養とエネルギーはとれるらしい。

グループホームはこの後、昼食。
私はこれで失礼しました。

この後は、父の墓参り。
JR平井駅を下車して善通寺へ。
春のお彼岸の時行きそびれたので、せめて命日には行ってあげないと。ね。
それにしても私はあと5年で、亡くなったときの父と同じ年齢になってしまいます。
父は亡くなる前の約6年間は入退院を繰り返す闘病生活をしています。
今の私が病院通いのあげく死ぬのは、この年齢では絶対にいやです。


この後は六本木ヒルズへ向かい映画「ノーカントリー」鑑賞。
母の妹の方と連絡がとれ、4月13日(日)に母に会いに来てもらえることになり
ました。

posted by みどり at 22:23| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

4月に春のピクニック

2008年の沈丁花

自宅の庭の沈丁花が咲き出していい香りがしています。

2008年 あんずの花

去年植えたあんずも一輪だけ花が咲いています。


2008年 ボケの花のつぼみ


ボケのつぼみもずいぶんふくらんできました。



だんだん花盛りの季節が近づいてきたのがうれしいです。

3月23日(日)の夕方、グループホームの母のところに行っています。
自宅に母の「後期高齢者医療被保険者証」が届いていたので、ホーム長さんにお渡ししておきました。

4月19日にはグループホームの皆さんと、地元の自然公園「21世紀の森と広場」へピクニックすることになりました。
去年もありましたが、今年は各家族ごとに急きょ者と一緒に現地へ移動してくれ、と
いうことになりました。
今までグループホームで送迎に利用していた介護タクシーが、利用時間を3〜4時間
の貸し切り、またはメーター通しのどちらか出との申し出があり、負担する費用が
高額になるので止めたと言うことです。

そうはいってもうちは車持っていないから、各家庭で移動してくれと行ってもタクシーを
利用するしかない。
ホーム長さんにも、そのことはお伝えしました。

母にはなしかけても、いつものとおり会話にはならないけれどきっと何か刺激には
なっていると思います。

グループホームはまもなく夕飯時間。私はこれで失礼しました。
次回来るときは、春の服を持っていくことにしましょう。
posted by みどり at 07:12| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

母と美容室へ

2008年3月16日の庭の梅の花


家の梅の花が咲きました。先週、先々週と同じ枝の写真を撮ってみました。

3月15日(土)の午後、母のいるグループホームへ行っています。
ちょうど看護師のFさんとお会いして、お話を聞くことができました。

ここ1,2ヶ月の母の様子。
食事の量が以前の三分の一くらいなので、栄養補助飲料も使っていること。
ボーッとしてる時間が多い。
椅子に座るときも、良く確認してないのか椅子から外れてストンとしりもちついて
しまう。
足がふらつくので転びやすくなっていて、危ないこと。
(以前も転びそうになって、階段の手すりに顔をぶつけて大きなアザを作ったことが
あります)

心配なら以前診察を受けた国立神経・精神センター国府台病院で、もう一度
診てもらうことも考えては・・・とも、言われたのですがあの病院へはもう行きたく
ありません。
何しろ受付をしてから5,6時間待たないと診てもらえないのです。
診てもらったからといって、特別な治療が受けられるわけでもなくこれ以上悪くならないよう、現状維持がせいぜいです。
このあたりの事はFさんも、分かってくれました。

そしてこの日、はっきり言葉にして言われたわけではないけれどFさんが、言わんと
することが分かりました。
今の母の様子では、いつ何が起こってもあわてないよう、心づもりをしておいた方が
良いと言うこと。
ちょっと前は後2,3年くらいは大丈夫かと思ったのに、後1,2年と考えた方がいいのかも。


母に薄手のセーターを買ってきたので、洗濯表示をしてある布地部分に油性マジック
で母の名前を書きました。
最近は母と話をしても、ろくな返事が返ってこないのですが私が「ほら、名前入れてあげたよ」と見せたらはっきりした声で「ありがと」と言ってくれたのは意外でした。

この日、スタッフさんに勧められて母を近所の美容室へ連れて行きました。
本当なら月曜日に、美容室の方が来てくれるようでしたが母に刺激を与えるためにも
一緒に外へ行った方がいいといわれてのことです。

私が母に「一緒に美容室行こうね。かみ切ってもらいに行こう」と言っても「行かない」と
言って動こうとしないのに、スタッフさんが「みどりさんと、一緒に行きましょうね」と言うと、
素直に従います。
やはり普段一緒にいる人のことはきくようです。
私はせいぜい1,2週に一度ですからいくら親子と言ってもダメみたいです。

母を車いすに乗せて、美容室へ。歩いて4,5分離れているだけです。
美容室の方は母のことはよく分かっているらしく「いつも、みどりって言ってるのよ」
とのことでした。
美容師さんが「私は誰?」と言ってもやっぱり「みどり」
母は誰に対しても「みどり」と言ってるんですね・・・(^_^;)

母が美容室の椅子に座って髪をカットしてもらっている間、私は空いている隣の椅子に座らせていただけました。
母は横の私の方ばかり観ています。なんだか良くわかないけど気になるのでしょう。

行き帰りの途中で梅が咲いていました。
この日は天気がとても良かったし、母と一緒に外に出かけられて良かったです。

来年も母と一緒に梅の花、見られるだろうか?
posted by みどり at 22:00| Comment(2) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

グループホーム利用者調査アンケート記入、投函




先日郵送されていた「平成19年度 認知症対応型共同生活介護 認知症高齢者
グループホーム利用者調査」の、アンケート用紙に記入済ませたところです。

書いてある質問に対しての答えは、いくつか書いてある例の中から当てはまる番号
に○を付けるだけなので、取っても簡単。

後、グループホームに対しての意見を自由に書く欄があるので、ちょっとだけ気になる
事を書いておくことにしました。


今利用しているグループホームは、こちらがいつでも訪問することが出来るし、母も
快適に過ごしているようなので特別不満はありません。

気になる事というのは、職員さんが今何人いるのか?とか全員のお名前を知らないと言うことです。
前にいた方が、いつの間にか辞めてしまったのか姿をみなくなっていたりいるし。
私にも母にも何の関係も、問題もないけれど、母が一日家族同然にすごしている方の
ことを知らないというのは、どうもすっきりしません。
職員さんのお名前、移動など、こちらに教えていただきたいということ、
書いておくことにしました。

アンケート用紙は、封筒に入れて封をしました。
今日これから出勤途中で投函しましょ。
posted by みどり at 05:38| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

グループホーム利用者調査



先日はグループホームより「認知症対応型共同生活介護『認知症高齢者グループホーム』利用者調査」
のアンケートが郵送されてきました。
これはこちらのグループホームが、よりよいサービスを目指して、千葉県の地域密着型サービス外部評価を実地するというもの。
この評価は、千葉県によって認証されている評価機関○○○○○が実地します。
アンケートの送付先は○○○○○。
アンケートにはこちらの住所氏名は書かないでもよいものです。

前回のアンケートは2006年の年末か2007年の頭だったと思います。
母の入院、手術があり私も何かとバタバタしていてアンケートを出しそびれました。
住所氏名はかかないアンケートなのに、私が出してないと言うのはグループホームには分かっていたので、それって匿名になって無いじゃないかと思ったのですが。
まあ、それはともかく、今回は早めに出すことにしましょう。



2月16日(土)にグループホームにいる母のところに行っています。
第三土曜は看護師のFさんはいるようにします、と言っていたからこの日は外さないように
と思っていったのですがFさん、いないんでちょっとがっかり。
Fさんなら、看護師としての立場から母の様子をうかがえると思っていたので。

でもホーム長さんがいたので話は伺えました。
午前中に行こうと思っていましたが、ちょっと出遅れてもより駅に着いたときはグループホームの昼食時間。
(行く前に、下着のシャツとズボン下を購入してます)
駅前でちょっと時間をつぶし12時半頃着くようにしました。

母は最近、食べるのがかなり遅いらしい。
以前は詰め込むように、早く食べていたのに。
以前より動作もかなり緩慢になっているようです。
座るときも、どすんと、落ちるような感じで座るらしい。
自分でよく見ないで椅子のはじに、どすんと座るからするっと滑って落ちることもある
ようです。

食事の後で、私が一度トイレに連れて行きましたが、トイレでもおなじ。
落ちるようにどすんと座ってしまい、今度はなかなか立ってくれない。
立ってもまたすぐ座ろうとするから、おしり拭いたり、ズボンを上げる時間がない。
今の母は、かなり手間がかかります。

母が部屋で使っているのは、介護ベッドではなく今は普通のベッド。
ベッドのはじにドスンと座るため、マットがずれて滑り落ちそうになるからベッドの木枠
とマットの間に滑り止め防止のゴム製の網みたいな物をおきました。
本来はキッチンとかで、使う物らしい。

母と話をしても、この日は数分おきに「あんた誰」を連発。
しかも私の顔見て「悪い顔」ですって。親に言われたくないわ(^◇^;)
美人じゃないのはよく分かってますって。
小学生の頃は、太っていたこともあり男の子達からいつも「ブタ」「ブス」と言われ続け
毎日ずいぶん泣かされました。
私が臆病なのは、この頃の経験のせいかと思います。
次に生まれ変わるときは、薄命でもいいから美人に生まれたいなあ。

私が帰るとき「お見送りしてくれるかな?」と聞くと「行く」と言ってくれたので、母と一緒に玄関へ。
私のことなどすっかり忘れているように見えたこの日の母ですが、私が玄関から出て行こうとすると、
まるで置いてきぼりされた小さい子がお母さんの後を追いかけて行こうとするように、
泣きそうな顔で一緒に行こうとするではないですか。
こんな様子を見せたのはこの日が初めてです。
滑って倒れたので、そばにいたホーム長さんが抱き起こすと何事も無かったみたいに
もう私に背を向けてリビングの方へ行ってしまいました。

母の様子をみていると、以前は10年15年は大丈夫かな、と思っていたのですが
この日の母の様子をみていると一緒にいられるのは後2,3年、長くて5,6,年かなと
感じました。
私ができる親孝行はしっかりするつもりです。
優先順位をよく考えて行動しないと、と感じています。




posted by みどり at 05:59| Comment(3) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

グループホーム、部屋の壁紙の張り替え

2月10日(日)にグループホームの母のところに行っています。
その前の週は、関東は久し振りの雪。
グループホームへ行くときに利用するJR武蔵野線は、何かとよく止まるのでいかれないか、あるいは行っても帰れなくなるかも知れないと思っていくのをさぼりました。

10日は久し振りに午前中に行っています。
案の定、武蔵野線は信号機故障で電車が遅れていました。
午前11時過ぎにグループホームに付くと、ちょうど母は散歩に出ているとのこと。
ならばと、追いかけてみることにしました。

スタッフさん一人と入居者の方一人、そして母が帰っているところに合流できました。
母は私をみても何も言ってくれません。
スタッフさんが「この方だあれ?」と言うと「みどり」とは言ってくれましたが、ほんとに
分かっているのかな?
母と外を歩くのは約1ヶ月ぶりですね。
母は何も分かってないんだなあ・・・と思っていると、目の前から自動車が走ってる
のをみて母は「車来る」と、言うではありませんか。
ちゃんと分かっているのか。
なんだかむずかしい。
天気は良いので外を歩くには気持ちの良い日です。

グループホームに戻るとホーム長さんから、お話がありました。
このグループホームもできてから約2年ちょっとたち、家のあちこちに修理・補修が
必要になってきたのでそのための費用をお願いしていいかというお話でした。
もちろん異論ありませんとも。

とりあえず今回は以前母が、壁紙に落書きをしてその部分に色を塗ってごまかして
いるが、部屋替えをしたしそこに入られた方の家族の希望もあり、壁紙を貼り替えたいとのこと。
以前母が精神状態が、一時不安定で壁に「たすけてください」と何度もいくつも書いて
しまったことがあるのです。
今回の費用は業者さんに見積もりを出してもらったところ約5万円かかるとのこと。
結構かかりますが、私としては問題ありません。
ホーム長さんにもその旨お伝えしました。

母はこちらに入居してから少々太ったので、以前持ってきた下着が小さくて着れないので、それらを持って帰ることにしました。
持っていた手提げバックに端から見て、おかしくない程度に詰め込む。

いったん家に帰ろうとしたら武蔵野線は今度は信号機故障のため完全ストップ状態。
この日はイッセー尾形さんの一人芝居のチケットとっていたので、家に帰らずそのまま北総線経由で都内の北千住駅へ向かいました。
シアター1010(せんじゅ)の公演を観てから、原宿のラップネットへ「自動人形師
ムットーニ展2008」を観に行く。
布団を外に干しっぱなしだったことを思い出したのは帰りの電車のなかのこと(^◇^;)
帰宅は午後9時頃。
雨が降らないでよかったです。
posted by みどり at 06:33| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

グループホームのおやつの時間

イジー・トルンカの絵本


1月13日(日)の午後グループホームの母に会いに行ってます。
早めに行こうと思いつつ、家を出たのが遅くなってグループホームに着いたのが
3時頃になってしまいました。
おやつの時間はさけようと思ってましたが、こちらもいろいろ都合があるのでまあ
しょうがない。
リビングでは入居者のどなたかの家族の方が持ってきたらしいお菓子で、お茶の時
間になっていました。私もお菓子をいただいてしまう。
今度、私もお菓子を持ってこないとなあと改めて思いました。
以前いつも何も持っていかなかったら、ホーム長さんから、私の母が他の方のおみやげをいつもいただいてばかりいるから何か持ってきてあげて、と言われてしまいましたから。

この日はちょうど看護士のFさんもいて、母についてお話ができたのでちょうどよかったです。

入居者の方で、おじいちゃんが戦争の頃の話をしてたら母が泣きそうな声を出して
ました。何か思い出したんでしょう。
母の世代は若い頃苦労したのですから。

母の部屋へ行って、部屋の様子の確認。
カレンダーを持っていったので飾ることにしました。
一つは花の写真がきれいなカレンダー、もう一つは風景写真がきれいな大型カレンダ
ー。殺風景だった部屋がかなり良くなりました。

リビングに戻ると夕飯の支度らしく、母と先ほどのおじいちゃんがにんじんの皮を
皮むき器(小型のカンナみたいなアレ)で皮をむいてました。
おじいちゃん一生懸命にシュッシュッとむいている。
一生懸命すぎて・・・おじいちゃん!食べるとこ無くなっちゃうよ(^◇^;)
スタッフさんも気がついて、すぐ持っていきました。

この後、グループホームを失礼した私は東京メトロ表参道駅近くの大型書店・青山
ブックセンターへいきました。
11日〜13日まで「チェコ雑貨フェア」をやってると知ったので、気になったからです。
私の大好きなイジー・トルンカの絵本もあるかも知れない。

チェコのイジー・トルンカはすでに亡くなった方ですが、絵本画家、人形アニメーション
作家として数々の作品を残した方です。
映像作品はDVDが何種類も出ているのですが、残念ながら絵本の方は日本語訳がほとんど出版されていません。
行ってみると彼が絵を手がけた絵本(輸入本)が1冊あるではありませんか。
これトルンカの絵本かな?と見てたら売り場の方が「イジー・トルンカご存じですか?」というから「大好きです!」と言ったらもう1冊トルンカの絵本があるのを教えてくれました。
本文はたぶんチェコ語で全く読めませんが、絵がとても美しいので2冊とも購入してしまいました。
冒頭と下の画像はその絵本です。

14日は歌舞伎座で夜公演を観てきました。日持ちのする「きんつば」10個入り2箱
買ってきたので次回グループホームへ行くときおみやげとして持っていくつもりです。

イジー・トルンカの絵本2
posted by みどり at 02:18| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

27日(土)の紅葉狩り中止&家族会

タオルハンカチの犬


土曜日、地元千葉県は朝から雨。
午前9時には、ホーム長さんから電話があり、本日の紅葉狩りは中止、グループ
ホームでの食事会とし、11時からは家族会(入居者家族の話し合い)をしますと
連絡がありました。

出かけようとしたところで、お隣さんが用事できたので話をしているうちに遅くなって
しまいました。
何の用事だったかは、長くなってしまうので日を改めて又別に書くことにします。

11時20分頃、グループホームに到着。
もう家族の皆さん、集まっていてホーム長のSさん、責任者で看護士のFさnとの
話し合いが行われていました。

以下は、家族会での話し合いの内容です。

最近の入居者の方の様子の説明。
入居者の方が、2時間ほど行方不明になったことがあったそうです。
もちろん警察にも連絡し、結局はスタッフの方が近所で歩いているところを見つけた
そうだ。
グループホームの玄関は誰かが出入りすると、チャイムが鳴るようになっているが
スタッフさんも忙しいと、気がつかないこともあるのでしょう。
入所者は身につける物は全て名前を記入していますが、名前だけでなく住所、電話番号も書いておいたほうがいいみたいです。
名札を付けるという手もあるけれど、名札は着替えたら付け忘れたりするし、また
もっている人の位置確認ができるGPS機能付きの物を持たせる、というのも人に
よってはそれを分解してしまったりするのでダメみたいです。

12月には地元の中学校で開かれるバサーに、このグループホームも参加するそうです。
スタッフの方が入居者の方に、タオルハンカチでつくる犬を作り方を教えてあげて
それを売るんだとか。
もちろん売り場には入居者の方、スタッフの方が出ることになるそうで。地域の方
とのふれあいの機会になってくれるようです。
私も、母が作ったという犬をもらいました「みどり大好き」と書いてくれたメッセージ付き。

問題はいくらで売りましょうか、いくらだったら買ってもいいですか?とのこと。
家族の方が「100円なら」
私も100円なら買ってもいいか、と思います。
ホーム長さん曰く、バザーの後半で値下げもするから最初は200円にして、後で
100円に値下げしましょう、という事になりました。

お正月には、可能ならば一時帰宅を、とのこと。
うちはむずかしいなあ・・・トイレのこと、お風呂のこと、母は歩けるから以前家に
いたときのように、真夜中私が寝ている間に外に徘徊してしまったら怖い。

次回の家族会は4月に、この時には今年の春のようにピクニックを開催しましょう
という事になりました。

12時からは昼食会。
食事は頼んであった幕の内弁当。残念ながらご飯が堅くて、あんまりおいしくない(^_^;
それでも母は、ほとんど全部食べてくれました。
以前は、時間に追われるように口いっぱいにほおばっていたけれど、最近は
食べ方がゆっくりになったようです。

食事が終わると、入居者の方達が歌を歌い出しました。
どうやら、いつもこうらしい。
おじいさんが「勝ってくるぞと勇ましく・・・・♪」と、軍歌を歌い出すと私の母は
「泣けちゃう!」と言いだし、ほんとに泣きそう。

母が私を観たときの反応が鈍くなっている。仕方ないか。
この日は2時過ぎにグループホームを失礼しました。

私はこの後、秋葉原の石丸電気店へ向かいました。
改装後のグランドオープンなので、にぎやかな様子を見てみたかったのです。
案内状ももらっていたので引換券提示でオープン記念プレゼントの「精密ドライバーセット」
をもらう(^^)V
東京は台風20号接近のため雨と風がとんでもなく強く、そのせいか土曜日の午後
だと言うのに拍子抜けするほど、お客さんの数が少ない。
夏に公開された実写版「ゲゲゲの鬼太郎」のDVD発売日だったのでこちらも購入。
(購入したのは目玉オヤジのフィギュア、特典映像付きのプレミアム・エディションです)
さらに東銀座の歌舞伎座に行って、11月公演のチケットの引き取り。
さらに世田谷パブリックシアターで白井晃演出のブレヒト作「三文オペラ」鑑賞。
物語はおもしろいとは思わないのですがロック歌手、ROLLYさんの歌声を聞けて満足して帰宅しました(^^)
posted by みどり at 01:52| Comment(2) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

27日(土)は紅葉狩りの予定



今度の土曜日はグループホームの行事「紅葉狩り」があります。
入居者、家族、スタッフさん達と地元の自然公園へ行って、昼食会、公園内散策を
する予定です(^^)
場所は、春に皆さんとお花見に行った「21世紀の森と広場」です。

しかし、問題はお天気
関東圏は今の時点で雨の予報が60パーセント。
あまり天気が悪いようなら、お弁当はもう注文してあるのでグループホーム内で昼食
会と言うことになるそうです。
どうなるかしらん?
青空の下で新鮮な空気がすえることになったらいいのですが・・・。
posted by みどり at 01:33| Comment(2) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

10月のサービス担当者会議

秋のつつじ


関東圏は10月になってから急に寒くなった、と思ったらまた急に暑くなったりしたので
植物達は早めに冬が来て、すぐに春が来たようだと判断したようです。
庭のツツジにつぼみがあるではありませんか。
数日前のTVのニュースで、どこかで桜が狂い咲きしてると報道していました。

TVと言えば、最近やたら大食いの女の子をTVでみるようになりました。
なかなかかわいいしお茶の間ではけっこう人気者らしい。
しかし・・・おいしそうにパクパク食べている様子をみて、醜いなと思いました。
19世紀フランスの美食家ブリア・サバランはおいしそうに食事をしている女性の姿は
美しいとたしか著書の「美味礼賛」で書いていたけれど、断じてあんな暴食の事では
ないはずだ。
ところで「美味礼賛」はうまいもの談義の本かと思って読んだら、意外や彼の知り合い
の女性が太めなのを気にして節食をしているうちに、本当に食べられなくなり
そのうち亡くなってしまった、というエピソードが出てきます。
今で言う摂食障害ですね。
これは現代人だけのことでは無かったのかとびっくりでした。

話が完全にそれました。
本題にもどしますm(__)m

10月20日(土)午前中にグループホームにいる母のところに行ってきました。
第三土曜日は看護師のFさんがいる日なので、母の様子も聞きたいと思ったからです。
午前11頃、グループホームに到着。

母はその前にスタッフの方と近所にお散歩に出たようですが、Fさんの勧めもあり
私と母で一緒に外へ出ることにしました。
母は外に出るのがイヤなのか「お散歩いこうよ」といっても「行きたくない」の一点張り。
それでも「ちょっとだけだから行こうよ」と言いつつ、なんとか外へ連れ出しました。
と言っても、玄関から出たとたん「帰りたい」と母(^_^;
グループホームの小さな庭に咲いてるコスモスをみせてもやっぱり「帰りたい」

なんとかグループホームの外へ連れ出す。
横に坂道があるのですが、ここまで来ると少し気が変わったのか、下り坂なので
歩きやすくなったのか母は自分の方から先に歩き出しました。
さらに坂道の終わりに来ると「こっちこっち」と私のことを連れて行くような感じです。
たぶん「こっち」がいつものお散歩コースなんでしょう。

びっくりしたのは、母の歩幅はとても狭いのですが歩く速さが早いのです。
以前よりずっと早い。このことは後でFさんも言ってました。
何なんだろうこれは?

道ばたで咲いている青い露草の花がきれい。母が「取って」というので一輪とる。
赤い蓼もきれい。私が「きれいだね」というと母は自分でしゃがんで一本とりました。
ちょっと積極的なのはいいことかな。
グループホームに戻って約30分たってました。

この後、Fさんよりいろいろお話を聞きました。
10月10日にはサービス担当者会議があったそうです(希望すれば家族も出席できます)。

最近は何もやることがないとソファでボーッとしてることが多いそうだ。
確かに私が会いに来ても、すぐにはみどりと分からなくなっているし、私と認識すると
以前は大声で喜んでくれたけれど、最近はそういうことがなくなってました。

以前に比べると失禁することも増えたらしい。
この前も「おしっこおしっこ」と言ってて、うんちでちゃってたものね(^_^;

また同時に二つのことができなくなっているそうです。
たとえばパンツとズボンを取り替えて、と言われるとどうしていいのか分からなくなって
行動がとまってしまうんだとか。

さらに、理由は分からないけれど歩行時に右への偏りが多くなってるそうです。
散歩に出るときも、Fさんから母の左側に付くようにと言われました。

サービス担当者会議での内容のコピーをもらいましたのでそのままの文章で
ご紹介します。

検討内容
1, もっと活気がある時間を多く持っていただくために
2, 夜間失禁が多くなり、皮膚トラブルの予防について
3, 歩行時の右偏りが多くなったための、ケアの方法について

サービス担当者会議での結論
1, 台所仕事のもっと難しいことにお誘いする
2, 同時に2つの事ができなくなってきているので、着脱など、一つ一つゆっくり関わる。
3, 散歩時、安全に不安無く歩けるように、左側に介助者がつく事。


Fさんからのお話を聞くともう12時。母はお昼なので私はこれで失礼しました。

この日は朝、チケットぴあに朝8時から並んで年末の演劇公演「ア・ラ・カルト」の
チケットを確保しました。
イープラスの先行抽選が外れた後の、DM先行予約日だったのです。
いつもは一人で演劇鑑賞の私ですが、この公演は毎年友人と行くのを楽しみに
しているのです。10時にチケット発売。
このあとグループホームへ行きました。
グループホームを出た後は、そのまま世田谷美術館へ向かい「福原信三と美術と
資生堂展」
を観て、さらに下北沢ザ・スズナリで燐光群公演「ワールド・トレード・センター」を観てきました。



posted by みどり at 01:23| Comment(4) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

連絡無しの部屋変え

平日昼間は、仕事でざんざんパソコン画面を見ているので夜家に帰ってからは自宅のノ
ートパソコンを見るのが我慢ならないくらいイヤ。
なので最近は朝4時か5時に起きてブログの記事書いて投稿・・・というパターンが
定着しつつあったのですが、この三連休で崩れてしまいました。
(もう一つのブログ「アート鑑賞日記」はほぼ毎日更新してます)
少しペースを戻さないと・・・と思っています。


私の三連休にの様子に絡めながら母のことを。

10月6日(土)
この日は、家の中の一部屋をニ年ぶりの大掃除。
私が実家に戻ってからの大、大掃除。
部屋の中のものを全部・・・というわけには行かないけれど、9割ほど庭に出しての掃除。
夕方までに完了しなくて、ビニールシートをかけてあとは翌日。
夜は渋谷に行って映画「デス・プルーフin グラインドハウス」を見る。

10月7日(日)
眠っているうちに、外に出しておいたものが盗まれるという夢を見る。
古本ばっかりだから盗む人いないって・・・。

この日はせっかくなので、午前中のうちに母のいるグループホームへいきました。
午前中は久しぶりです。
寒くなってきてるので、いったん持ち帰ってクリーニングに出しておいた毛布をもって行きました。

看護士のFさんより、数日前連絡がありインフルエンザの注射のための同意書に私のサインをしてほしいとあったので、これを済ませました。
スタッフさんより、パジャマのズボンのウエストのゴムが伸びているので入れ替えたほうがいいといわれる。
これは私がやることなのか・・・・。
ゴムを買ってきてこんど来たときやります、とお伝えしておく。

母が急に「オシッコ、オシッコ」というのでトイレに連れて行くともうウンチがでちゃってました。
紙オムツを取り替えて、「お尻ふき」できれいに拭いてズボンも汚してしまってたので
こちらも履き替えさせる。

帰宅途中、園芸店で白い花の「ギンモクセイ」の苗木を購入。
春に植えた「キンモクセイ」根付いてくれて、オレンジ色のつぼみを持って
いるのがうれしい。
なので色違いの「ギンモクセイ」を買ってきたのでした。
こちらは隣家との堺に植えるつもり。


家に帰って、部屋の整理の続き。
荷物も部屋の中に戻し清掃完了。やっと気持ちよくなりました。
この部屋は、私が絵を描いたり勉強したりといったこと専用に使いたいと思っていた
のですがやっとその環境が整いつつあります。
ここ二年、家で絵を描いたことなんてほとんどありませんでしたから。
描くのは二週に一度の日本画教室のみ、なのでほとんど進みませんでした。
これからはもう少しペースを上げて描けそう。

夜はやっぱり映画を観に。
渋谷のル・シネマで「厨房で会いましょう」を観る。


10月8日(月・祝)
本当は庭仕事がやりたかったのですが、朝からの雨でダメ。
家の中のもろもろの片付け。けっこう時間がかかります。

疲れたけれど、夜グループホームの母のところへ。
夕飯が終わっているはずの午後7時を目指して行きました。
ゴムの入れ替えを済ます。

母の部屋が殺風景なので、そうだ家に沢山ある絵葉書を飾ればいいじゃないかと思い
何枚かもっていきました。

行ってみると母の部屋が変っている。
1階だったのが2階に。
間取りは同じ角部屋なので中に入ると景色は一緒です。
いろいろ事情があるんだろうけど、なんの連絡も無く変更してるのはなんだか気分が悪い。
最初の部屋は、母が始めて入居するときうちがこちらのホームに入る入居者第一号だったので
「どの部屋がいい?」と選ばせてくれたものだったのでなおさらです。
しかも前日私が行っているのになあ。
部屋を変えたのは私の母だけではないそうです。


今は職場の昼休みです。
これから急いでお弁当を食べないと!


 
posted by みどり at 12:47| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

みどりは何人?

茄子の花


冒頭の画像は庭で咲いている茄子の花です。
小さな花でかわいいのですが、こうやってアップにするとなんだかグロテスクですね。
やはりこうやって見る方が、かわいい。

茄子の花2


9月24日(月)にグループホームにいる母に会いに行っています。
着いたのは夜7時になってから。
様子はいつもと変わりません。
母と話をするときは、何か昔のことを思い出せるような話題を選ぶようにしています。
この前あったときと同じ、母が若い頃の職場での社員旅行の写真をみせてもやはり
分からない、その反応も同じ。
職場の宴会で、一人ずつ歌を歌わなければいけないからと昔母は時々レコードをかけながら練習してることがありました。
歌のレパートリーは少なくて、東京音頭とか島倉千代子の歌とか。

この日、そのことを私が思い出して東京音頭を歌ってみたら、母はすぐ大きな声で
全部歌い通しました。
これは覚えているのか!
20分ほど話をしていると「もう帰った方がいいよ」と、言い出します。
これもいつものことですf(^―^;
私のことを心配してくれてるんだろうか・・・?

私のことを「みどりかな」と言うのもいつもと同じなので、私は「本物のみどりだよ」と
言っておいてますが、気になるのは一部のスタッフさんが母と話をするときに自分の
ことを「私もみどりよ」と言ってること。
母が誰に対しても「みどりかな」というからつい、そういってしまうのかも知れないけれ
ど、これって母を混乱させていないか?
とてもとても気になってます。
そんなことを言うのは止めていただくよう、はっきり申し入れた方がいいだろうか・・・。
気になりつつ午後7時半過ぎにグループホームを後にしました。


三連休の最後の日、24日は昼間はいつものように家の中の片付け。
一人暮らしを止めて、今の家に戻ってきたとき入りきらない荷物を入れるため近所で2畳分の部屋(納屋)を借りてますが、これが未だにほとんどそのまんま。
今回は大きくてじゃまになってしょうがない額3点を家からこのレンタル納屋の方に
移動させました。
コレが午前中の仕事。
午後は家の火災保険の更新の手続きのため火災保険会社の方に来てもらって
説明を聞いて手続きと支払い。

さらにその後、前日に電話して頼んでおいた不要品の引き取り業者さんが来てくれ
ました。
壊れてしまった電気製品などです。
この日引き取ってもらったのは・・・・・

14インチのTV(これは昔父が入院したとき病院で見るための購入したモノクロポータブルテレビ)1台。
電気ストーブ1台。
アイロン2個。
電気こたつ1台。
こたつ用の天板1枚。
ノートパソコン1台。
キーボード(ピアノが弾きたくて以前購入した77鍵、ピアノタッチで弾ける品物)
ハンガー(一人暮らししていたときに、部屋に置いていた大型のもの)

手数料などもろもろ含めて約2万3千円かかりました(x_x)

この後で、グループホームへ行ったのでした。
posted by みどり at 07:03| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

口内体操

オクラの花


17日の月曜日、やっと観ることができました。オクラの花。
咲いているところを見逃してばかりいたのですが、ようやくです。


三連休は、つい遊んでばかりでしたので少しでも母に会いに行かねばバチが当たる
だろうと17日はグループホームへ向かいました。
朝起きてからゴミを町内の集めるところに出して、家の前の道路を掃除。
煙草の吸い殻がいつもすてられているんです。
家は三軒並んでいる真ん中なので、両隣の家の前もついでに掃除。
食事してから何かとバタバタして、結局家を出たのは10時過ぎ。
グループホームには11時20分頃着きました。

母達は、グループホームにいました。
昼食前なので、もうテーブルに支度を始めていました。
入居者の一人のおばあちゃんが、おかずの盛りつけの手伝いをしていました。
他の人たちもテーブルに着いているのですが、私の母も含めて見ているだけ。
我が母ながら、ちょっと情けない。

私のことは少し分かっているようです。
「みどりか」と言うのですが、誰に対しても「みどりか」と言うらしい。
これもいつもと同じ。

一人率先してお手伝いをしている方は、なにかと自分から動く方のようです。
私のことも、何度も来てる人だなと私に挨拶してくれる。
他の方はそんなことしません。
この方はたしか母が入院中(去年の12月)、看護師のFさんとお見舞いに来てくれた
方です。

食事の前に、母をトイレに連れて行くとはいているスラックスが前と後ろが逆。
はき直し。
そういえば、このFさんから最近の母が便秘気味と聞いていたのですが最近はどう
なんだろう?
やはりFさんがいないとそういった話が聞けないな。
Fさんが必ずいる、第3土曜日にこちらも必ず行くことにしないと、と思いました。

入居者の方達は高齢なので、食事の前には口内体操をします。
歌を歌ったり、一つの言葉を何回も言ったり、口を開けたり閉じたり。
母はそれをほとんどやってない。
私も皆さんと一緒にやって、母にも「一緒にやろうよ」と行ってもダメ。
できないと言うより、人から言われたことをやるのが嫌いらしい。

12時になって食事になるので、私はそこで失礼することにしました。
母と一緒にいたのは正味40分ほど。
週に一度来て、30分前後しか母と会ってないのはやはり少ないでしょうね。
週に一度来るのもなかなか時間調節が大変なんですが・・・・。


この日はこの後、吉祥寺へ行きパフォーマンスグループイデビアン・クルーの新作
公演を観に行きました。
7時前に帰ってきてから夕飯。アート鑑賞日記の記事を書いて投稿してから
部屋の片付け。洗濯物のアイロンがけ。
やっと終わったのが午前2時(×_×)
posted by みどり at 06:53| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

母の誕生日会

赤いトマト


画像は8月5日(日)に撮った写真です。
庭のトマトがだいぶ赤くなってきました。

8月2日は母の誕生日です。
私の都合に合わせて8月4日(土)にグループホームで母のお誕生日会をして
くれることになったのでもちろん私も出席しました。

母に父の写真と、私の三歳の七五三の時の写真を持っていきました。
七五三の時の写真は、着物姿の母と私が写っています。
母も三十代で若くてふっくらしてます。
この写真を見ると母は「かわいいー、かわいいー」と絶叫せんばかり。
さて、母が言う「かわいいー」は、30代の母なのか?三歳の私なのか?
騒ぐ母を、入居者のおばあちゃんの一人が「騒いでみっともない」と文句をいって
ました。
このおばあちゃんは、いつも私の母の言動が気に入らない様子のおばあちゃん
なのです。


お誕生日会は、大げさな会ではありません。
三時のおやつの時間を「お誕生日会」として、小さなケーキを食べました。
グループホームからのプレゼントとして、部屋を飾るアクセサリーをいただきました。
赤いひもに小さな金魚や、手鏡風の小物が付いた物。
金属の棒が数本付いていて、揺らすときれいな音がする物、の2種類。
私からは、プレゼントというつもりではなかったのですが先日買った服を。


母の着る物には少々頭を悩まします。
母は以前より少し太めになったので、以前の服が全く着られないのです。
新しく買っていかないとならないのですが、どうもサイズや季節似合う材質の
物が持って行けません。

母がその日、着ていた物をさしてホーム長さんが「これと同じ物(材質)がいいのよ」
というのですが、同じ材質の物ばかりではなんだか服の感じも同じ物ばかりに
なるので私が「同じ物ばかりではちょっと・・・」と躊躇すると「同じ物でいいのよ」と
言われてしまいました。
グループホーム側と私と、考えの違いがあるの分かっていただけるでしょうか。
母には着やすい物を着せてあげたい、という部分では両者意見は同じなのですが。

いつにしようかと思っていた、父の墓参りも18日(土)と決めました。
往復タクシーを使い、午前中に出発して墓参りを済ませて、どこかで昼食をとってから
帰る予定です。
まだ具体的なことは決めていません。

持ってきた写真は額に入れてきたので、母の部屋に置いてきました。

お誕生日会の後、グループホームを出てから渋谷へ行きBunkamuraミュージアム
「ルドンの黒」展を観てから、すぐ近くの映画館ユーロスペースで7時10分から
上映開始のアキ・カウリスマキ監督の「街のあかり」を観る。
夕方の時間がうまく時間が使えました。
posted by みどり at 23:43| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

夏の家族会&納涼会

青いトマト



庭でトマトがなっています。
まだ青いし、3つしかないけど赤くなるのが楽しみです。


28日(土)は母のいるグループホームへ行っています。

つくと早速看護師のFさんより、最近の母はどうも便秘気味とのこと。
そういえば、4月頃からそういわれてたっけ。
週に一度くらいなので、Fさんがほるようにして出したり、下剤をつかうこともあるそうだ。
腸の手術をしてることが影響してるのだろうか。


午前11時より、ホーム内の一室で入居者の家族9名、ホーム長Sさん、管理者で
看護師のFさんの計11名で家族会。
ホーム長さんよりこれまでの活動の報告や、家族からの要望などの話し合い。

12時からは「納涼祭」
グループホームのリビングで入居者、家族、スタッフを交えての食事会。
最初に、入居者が作った花瓶を家族がもらいました。
ガラス瓶に紙粘土で覆って、ビーズや小さなスパンコールを貼り付けた物。
そういえば去年は、母が絵を描いたうちわをもらいましたっけ。

スタッフの方が作ってくれたお好み焼きがとってもおいしい。
大皿に盛った料理を各自取り分けていただきました。

母はよく食べているが、どうも満腹になったらやめる、と言うことができないらしい。
満腹になったのが分からないのか、放っておくといつまでも食べてしまう。
たしか、去年の納涼祭でもそうで後でお腹壊して大変だったらしい。
ホーム長さんからも言われたので、母の様子を見ながら途中で「後でまた食べられる
から、ここでやめとこうね。私もごちそうさまにするから」といって止めました。
私は、もうちっと食べたかったんですが、母を止めさせて私が食べるわけにいきま
せんよねf(^―^;

一通り食事がすんだらビンゴ大会。
ランダムに数字が印刷されたカードを各自1枚もらって、読み上げられた数字が
あれば穴を開けていく。
縦横どちらでもいいから一列全部穴が開いたら「ビンゴ(あがり)」
各家族一つは小さなプレゼントがもらえました。
うちは白い小さなアザラシのぬいぐるみと、スヌーピーのタオル。

午後2時でお開き。
そうそう、食事の前後で母はトイレに行ったのですがどちらの時も便が出ていました。
よかったよかった。

私はこの後、東京都足立区にある放送大学の学習センターへ行きました。
じつは29日は単位認定試験があるのです。
録画しそびれた放送授業を視聴してきました。
帰るとなんだか疲れてしょうがない。
勉強と言うほど大げさな物ではありません、今回受講してるのは「演劇入門」なので
ほとんど趣味の延長ですから。

学習センターを出てから通りかかったお店で母にちょうど良いなと思えた、
フレンチスリーブのブラウスとTシャツがあったので購入。
このお店は前に母用のカーディガンを買ったお店。
置いている服のデザインがあまり若者向けではないところが、母向けにちょうど良いです。
お店の人曰く、値段を今日から下げたばかりとのこと。
運が良いときに通りかかりました(^o^)

では今日はこれから15時35分開始の試験に向けてにわか勉強始めることにします。

posted by みどり at 08:54| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

28日(土)は家族会の予定

今、職場の昼休み中です。

今度の土曜日は、母の入居しているグループホームの家族会があります。
午前11時から入居者の家族と、グループホームのホーム長さんスタッフを交えての話合い。
その後、12時からは入居者、家族、スタッフを交えての納涼会(昼食会)がある予定です。


私の仕事のほうですが、社長から今度は「3月で辞めるのを見合わせてくれないか」と言われました。
同僚が8月いっぱいで辞めると言い出して社長はそれを受理したからです。
この同僚(女性)は、今年に入ってからやたらミスが増えてきて言動も少々おかしく
かなり、社内でも問題になっていました。
50代なかばですが、私から見るとすでのボケの症状が出てきたのではと思えてなりません。
いいすぎに聞こえるかもしれませんが、私の知人のお母さんは50代でボケの症状がでてきました。
今は病気の為、寝たきり状態です。

話がそれました。
こんな事情があって、私に話がきたのです。
いろいろ翻弄されてますが、とりあえず返事は保留しました。
posted by みどり at 12:34| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

「こんなものばっかり着せる」

収穫したビワの実



5月27日(日)の午前中にグループホームにいる母の所に行っています。
前の週に、小さくてきられないからといわれて何着もブラウスを持って帰っていた
のでこの日は大きいサイズのブラウスを1着買って、持っていきました。
前々の週に新しいブラウス2着持っていったのに、悔しいことに1着持ってかえらず
をえなかったのです。

母は身長150センチの私より、背は低いのに以前より太ってきたのでブラウスも
13号でないと着られなくなってきました。
11号だとちょっときつい。

せっかくブラウスを持っていったのに、グループホームのスタッフさんの一人からは
ブラウスだと着づらいから、かぶり物の方がよいと言われてしまいました。
かぶり物・・・被ってすぐ着られるもの、ポロシャツとか、Tシャツなどのことです。
ブラウスだと、母はボタンがかけづらいらしい。
この日、行ったときも着ていたのはポロシャツでした。
着づらいからブラウスは止めた方が良いなんて。

もう亡くなった日本画家の小倉遊亀(おぐらゆき)さん。
100才過ぎても、家族の介護もあって日本画を描いていた様子はTVのドキュメンタリ
ーでも紹介されていました。
高齢で車いすの生活でも、家族は小倉遊亀さんにきちんと着物を着せてあげて
いました。

惚けているからって、着る物は何でもいいという物ではないと思うんです。
でも自分でできることが生活の基本だから、自分で着られないんじゃしょうがない。
私が一緒に暮らしているなら、ブラウスぐらい着せてあげるのに。

去年、私が会いに行ったとき母のこんな言葉がありました。
「こんなものばっかり着せるんだよ」
この時母が着ていたのはくすんだ色のポロシャツ。
この時は「こんなものばっかり」というのが、色の事か、ポロシャツの事か分からなか
ったのですが、この時はたぶん両方だったと思います。
だからこれ以後、私は極力明るい色の服を持ってくるようにしてました。
かぶり物が良いからって、かぶり物ばかり持ってくるのは寂しいし、悔しい。
どうしたものか。

この日は、午後は庭の片付け。
私が母と離れて暮らしていた内に、庭にはいつの間にやら正体不明の木が生えて
いたので、1本切り倒す事にしました。
幹の直系5センチくらいになって、大きく茂っていてちょっとじゃま。
隣との目隠しにはちょうど良いけど、花もさかないしつまらない。

その一方で、うれしい収穫。
十数年前、お店で買って食べたビワの実の種をまいたらいつの間にか芽が出て
実が収穫できるまでになりました。
お店で並んでいるのとは比べ物にならないくらい小さい、ピンポン球くらいの大きさですが、しっかり甘い。
甘いけど、小さいから食べる部分がほんの少し。種の大きさはコーヒー豆くらいです。

庭の枝を切り、草を刈ってゴミ総量は回収用ゴミ袋に10個分となりました。


そして私自身のこと。
暖かくなってきたので、薄着になって来ましたが、自分の上半身を鏡でみてアレ!?
うーーん、・・・実は今まで全く自覚してなかったのですが、左右の胸の大きさが
全然違う。冬場は何枚も重ね着してしまうから、めだたなかったのです。
私の場合乳ガン手術を受けているので違って当然で、分かっているつもりだったので
すがこうまで違うとは、ほんとに認識していませんでした。
気がつかなかったというか、気がつくヒマが無かったというか。
何をいまさらですが。

気になってしまったので、ブラジャーの右の方だけパットを入れてみることにしました。
私は今までブラにパットをいれるなんて、したことありませんでした。
さて鏡で見てみると、両方全く同じ大きさ、形というわけにはいかないけれどーーーー
なんかいいみたい(^o^)
今後、これ行くことにします(^^)V



posted by みどり at 00:16| Comment(0) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

グループホームの懇親会&仕事の配置換え

21世紀の森と広場


4月7日(土)に母のいるグループホームの懇親会がありました。
同じ市内にある「21世紀の森と広場」に午前11時集合。
私の住んでいるところからは電車で2駅離れているだけですが、駅からは
かなり離れた所にあるので今回初めて行ってきました。

地名は千駄堀(せんだぼり)。
このあたりは小学生の頃は何度か、遊びに来たことがあります。
田んぼと沼地がありオタマジャクシやザリガニをとることができ、森というか林という
か木々が茂って自然はいっぱいで、遊ぶにはおもしろい所。
でも住宅地にはなりにくいところでした。
市は逆にそれを生かして、巨大な自然公園にしたようです。

11時からグループホームの入居者とその家族、スタッフさん達と昼食会。
その後1時間ほど、それぞれの家族で園内の散策。
午後1時にまた集合して、ゲーム大会。
午後2時に現地で解散となりました。

天気も昼間はとてもよかったし、母と一緒に食事もできたし、園内を少しですが歩いて
花を見て回ることができて楽しい時を過ごすことができました。
普段はこんな事できませんから。

唯一残念だったのは、お気に入りのイヤリングを片方無くしてしまったことです。
身につけていた物をなくすのは、それによってその人の厄を持っていってくれている
そうなんであきらめることにしますが・・・・やっぱり残念(T.T)

このあと、私はまた世田谷文学館へ行き「ムットーニのからくり書物展」を観てから
新宿のプーク人形劇場での平常(たいらじょう)さんの「人形劇大全集」を観に行きました。


さて私の職場の方ですが、やはり今度部署を移らざるを得なくなりました。
前から母の入院の為、去年の11月、12月とまとめて休暇をとったこと(でも有給休暇
の範囲内です)や、このところ仕事のミスが続いてしまったことが原因です。
しかし一番のきっかけは、私と折り合いの悪い営業のS氏が私は出席できない
営業会議で名指してこいつがミスをするから売り上げが赤になって困るとか
さんざん文句を言っていたから・・・のようです。
このS氏というのは、以前から切れやすい男です。

以前からこちらにも書いていましたが、社長は典型的ないわゆる「ダメな2代目」
なので、業績の悪化してるのはさすがに分かっているので仕事をとってくる営業の
言うことはなんでもそうかそうかと丸呑みで、聞いているようです。
それでなくても以前から、私のことを配置換えしようと考えていた社長にとっては
これはいい機会と思ったのでしょう。

その営業会議の後で、社長は私を呼び出して下記のように言ってきました。
「みんな君のミスで困ってて大変だよ」
しかし、後で他の人に聞いてみると私のことを名指して非難してたのはS氏のみ。

「君は休んでばかりで困る」
確かに去年の11月、12月はまとめて休んだけれど有給休暇の範囲内。
今年に入って取ったのは3月と4月に各1日だけ。

「君は朝いつもぎりぎりに来る」
遅刻してるわけではないし、少なくともぎりぎりに来ているS氏よりはよっぽど先に
来ています。

「君はいつも仕事を終わらせないでかえる」
これこそ全くの言いがかりといえます。
演劇が観たくて早めに帰ることもあるけれど、もちろんそれは規定の終業時間の
あとだし、周りの人にも断っている。通常は仕事は一通り終わらせて帰っている。
他社に配送を頼んでいる都合上、時間内を過ぎたら先方と連絡が取れないから夕刻、
遅くなった仕事については翌日に持ち越して処理をしている。
このあたりは、いつも私がS氏より先に帰っていることから出てきてる文句のようです。


とにかく今回は私が何言っても聞く耳持たない状態でした。
社長からは「部署を変わってもらうし、後任を入れなければならないけどあなたは間違
ったこと教えるから、教えないで」と言ってきました。
じゃあ、だれが教えるんだい?あのラインでは私が一番知ってるんだけど。
「新しい部署に移るというと、今度は何をするんでしょうか」と聞くと逆に「何ができるか
来週でいいから言ってくれ」と来ました。
しかも「個人としての立場から言うと、君もう会社辞めた方がいいよ〜」と言うのです。

よっぽど辞めようかと思いましたが、直接の上司と、以前の上司(この方も社長の
言動、行動にあきれかえって辞めたのです)にまずは相談。
直接の上司は「いろいろあるけど、今は我慢しなさい」
以前の上司は「自分からは辞めると言うな、何ができるかも自分からは言うな」でした。
なのでとりあえず今は辞めないことにしました。

以前の上司からは今度会社(=社長)と、S氏を困らせてやろうという話になりました。
具体的にどうするか?
それはもちろんまだ分かりませんが、やはり以前同じように社長に腹を立てこの会社
を辞めて同業の会社へ行き、こちらの仕事を持っていった営業さんとは連絡がとれるのです。

つまり、何もできないというわけでは無いのです。


<2007-04-16追記>
社長は「君はいつもすぐ帰る」と言ってましたが、私は3月は17時間
残業をしています。
posted by みどり at 13:07| Comment(4) | グループホーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。