2013年04月15日

母、亡くなりました

本日午後、母亡くなりました。


亡くなったばかりで何も決まっていません。


コメントをいただいてもすぐにはお返事できないと思います。

皆様色々ありがとうございました。

2013年04月10日

腰の回復&母のむくみ


腰を痛めてからの、整骨院がよいも早1週間。
日に日に良くなってきたのを実感してます。

庭の花も次々咲いています。

これは名前を知りませんが、スズランのような花。
130410h1.jpg


いつもなら4月半ばから咲き出すツツジも。
130410h2.jpg


白い花も。
130410h3.jpg


雑草も増えてきたので、草むしりもしなければ。


仕事には行っていますが、以前のようにはまだ動けません。
排泄介助、入浴介助は総べて他のスタッフに御願いしてます。

今日は、休みですが午後、母の昼食介助に行っています。
今日は3割ほど食べるのがやっと。
なかなか飲み込めないし、むせそうになるのでなかなか進みません。
それでも長くても、食べ出して1時間たったら止めるようにしています。
母が疲れてしまいますから。


昨日火曜日は、母の入浴がある日。
入浴介助のスタッフから、母の左肘の皮が剥けている報告をうける。
入浴してできたのではない傷です。
以前にも剥離がひどくなり、穴が開いたみたいになってしまい
その後、治るのにずいぶん時間がかかった場所なのに。


入浴後、その傷部分をみようとベッドに横になっている母の体に覆い被さるように
したのですがその時に、私のズボンのポケットにいれたボールペンの先が母の
足に刺さってしまったようです。
運悪く、母には布団をかけてなかったし、私のポケットのボールペンは芯が出ていたのです。

最初、私のズボンの横が濡れているから「なんで?」と思ったのですが、母の足の回りが
ビショビショ。
むくんでいる母の足に小さな穴のような傷があり、血ではなく浸出液が出ている。
まるで水を入れたビニール袋に、針の穴を一つ開けてそこから水が出るみたいに出ているのです。
悪い冗談みたいだ・・・(T.T)

もちろん私も「事故報告書」を書きました。
昨日から今日にかけてその傷のある足には、尿取りパットを巻いてますが、すぐに
水分でぐっしょり状態です。

背中も足も手も傷だらけ。
早く治って欲しいです。

2013年04月07日

職場復帰

4月6日(土)は約1週間ぶりに仕事復帰しました。
朝7時から本当なら午後4時までの勤務ですが、12時で上がらせてもらいました。
もちろん腰にコルセットはつけたまま。
排泄(おむつ交換)は、やはりできません。
母のおむつ交換してみましたが、一苦労。
どうしても前屈みにならねばなりませんから。

母の様子はあまり良いとは言えないのが少々つらいです。
食事がまともにとれていないせいでしょうが、最近は特に手足にむくみがあります。
むくみのあるせいか、背中に傷があることも金曜日に初めて分かりました。
なんでこんなところに?という場所に傷。
むくみがあるので体位交換した時にできたのかもしれない。
これはナースも同意見。

土曜日は仕事のあとで、整骨院へ。
火曜日から毎日行っています。
腰痛も日に日に良くなってくるのがわかります。

歩いていると、歩き出しはなんともないのですが少しすると腰が痛くなってくる。
買い物で家を出てから近所のスーパーへ行くのですが、腰が痛く
なってくる地点が家からだんだん離れてくる。
わかりやすいです。

整骨院へついてから血圧をはかると、上が102、したが74。
このくらいだと頭のふらつきがありません。
上が100ないとふらつくようです。

マッサージと電気をかけてもらい、今日は初めて小さな針のついたシール
みたいなものを腰に二箇所付けてもらいました。
明日は整骨院は休み。
このシールは2、3日つけていてもよいのだそうです。

家に帰ってから、横になったら2時間ほど寝てしまう。
夕飯のしたくの時はコルセットを付けませんでしたが、
さほど痛みもなく過ごせました。

しかし疲れてくるともちろん痛みがくるし、腰の中でなにか
塊があるような感じがします。
これ、筋肉のしこりだと思います。

2013年03月26日

腰痛、それでも春

今日は仕事が休み。
やっと母の確定申告の書類も完成し、投函してきました。

今回はかなりの金額が還付金として戻ることが分かりました。
でもそれだけ医療費がかかったと言うことで、手放しで喜ぶ
ことはできないけど、でもうれしい。

庭では八重椿が咲いてます。
2013年3月26日 庭の花4


ユキヤナギも満開。
2013年3月26日 庭の花3



別の場所では沈丁花も満開。
今年は急に暖かい日が続いたので、通常の年なら3月後半に
咲く花と、4月に入ってから咲く花が同時に咲いています。


観たこと無い花も咲いている。
2013年3月26日 庭の花2

2013年3月26日 庭の花1


この木はなんだっけか?
クロガネモチだったかな。

先週木曜日、母と花見に出かけられたのは良かったのですが
ひとつオマケがありました。

母をベッドから車いすに移乗する時か、その逆の時のどっちかで
自分の腰を痛めてしまいました。
その日の夜はちょっと痛いな、くらいだったのですが翌日から
かなり痛い。
しかも朝起きたとき喉が痛い。
どこかで風邪ももらったみたい。

それでも金曜日は休みだったので、つい出かけてしまいました。
そんなわけで土、日、月も腰が痛い、風邪も治らん。
職場の施設でも、いつもなら一人でまわる利用者さんの排泄も
他のスタッフにも手伝ってもらったり、入浴介助を代わってもらったり。
いっこうに良くなる気配がなくて、これはマッサージに行った方が
良いのかと思いました。

今日になって、そういえばヨガのポーズに腰痛に効くのがあったな、と思いだす。
昔、本を見ながらしばらくやっていたことがありました。
仰向けに寝て、両足を上げてそのまま腰を上げて足を頭の方まで
下ろすポーズがそれ。

ヨガのポーズは、その形がしっかりできなくてもそれを目指してできるポーズを
続けるだけでも効果がある、と読んだことがあります。

痛くて腰があがらないけど、足をあげて頭の方へ向けたいなあと思いつつ
足をのばし、そのポーズを1分ほどキープ。
これを3,4回ほどやったら終わり。
こんな事を一日に、数回やってみました。
すると効果絶大!
治ったとはいえないけど、見違えるほど楽になりました。

改めて「腰痛に効く体操」でネットを検索したら、ほぼ似たポーズの
ストレッチがYouTubeで紹介されているではないですか。
それは仰向けに寝たら両足を両手で抱え込む、というポーズでした。
今夜は寝る前にしっかりストレッチしておきます。

今日は特に出かけることはしませんでしたが、夜、母の様子は
見に行ってきました。
息がぜいぜいしてして、声をかけてもこちらを見ないのが心配。

明日も仕事で施設に行きます。
ほんとは休んだ方が良いのでしょうが、早番をできるスタッフが
他にいないので午前中だけ行ってくる予定です。




2013年03月22日

母とお花見

今日は仕事が休み。
いつもなら金曜日の午前中は日本画教室へ行くのですが、先生の都合で
休校なので朝から母の書類の整理をしてました。

まだ母の確定申告の書類ができてないのですが、医療費の領収書の整理も
できたし、Excelを使って合計金額も簡単に出せた。
後は提出書類に書き込むだけになりました!
こんな事、毎月きちんと整理をしてれば慌てないのに、根がずぼらなので
毎年バタバタしてます。


庭の花がどんどん咲き出しているので、昨日は早番の仕事を終えてから
ナースと他のスタッフに断って、母を車いすに乗せて自宅の庭まで連れてきました。
ナースが一緒に来てくれたので、母とのツーショット写真もとってもらう(=^0^=)
車いすが大きいので、残念ながら自宅の中には入れませんが、母を連れてこれて
よかったです。

何も言わないけど、目は開いていたのできっと分かってくれたと思います。

写真は今日の様子です。

これはボケの花
2013年3月22日 庭のボケの花


これは名前を忘れました。
小さな赤い実がなります。
2013年3月22日 庭の花



近所の桜並木の桜が例年より早く咲き出したので、職場の施設でも利用者さん
とのお花見を早めに行こうと、相談を始めています。
お花見と言っても、車いすで観に行って帰ってくるだけなのですがそれでも
いつもは外出されない方ばかりなので、気持ちがいいと思います。
この時は一日寝たきりの方も、外出します。
全員一度には行かれないので、数日に分けて出ることにしています。

昨日は友人の一人と約4年ぶり?に会えて食事もできた。
ツイッターやメールのやりとりをしてるので、そんなにあって
無かったとは思えなかった。
美術、映画では好みが共通してるようで会話も楽しい。

さて、今日はこれから横浜美術館に行っています。
「ロバート・キャパ ゲルダ・タロー 二人の写真家」展が24日までで、
今日を逃すと私は観に行かれないのです。

普段ほとんどノーメイクなので、今日はちょっとお化粧もして行ってまいります。

2013年03月20日

急に春、そして書類の整理

急に暖かくなってきたので、庭の花々が一気に咲き出しました。
数日前にはつぼみだったソルダムもすでに満開。

写真は19日の様子です。

2013年3月19日 ソルダムの花1


2013年3月19日 ソルダムの花2


去年は、この木の枝にヒヨドリが巣を作ったのでした。
主のいなくなった巣は、冬の間に壊れて無くなってしまいました。

ソルダムは去年はいつ咲いたかな?と、自分のブログを検索してみると
4月4日に写真を載せていました。
やはり今年は早い。
それにしてもせっかく早く花が咲いても、風が強い日ばかりでこれでは
花がすぐ散ってしまう。

母のことを。

昨日19日は、自分と他のスタッフで母を入浴させました。
入浴と言っても、いわゆる普通には入れないので機械浴。
イスの部分にのせて、ベルトをつけて頭を洗い、体を洗い
浴槽で暖まってもらう。
しかしイスから車いすへ移乗する際、左腕皮膚剥離。
皮膚が引っ張られたせいでピッと、剥がれてしまったようです。
お母ちゃん、ごめんね(x_x)
もう何度目だろう。

右腕は、水ぶくれができていたので腕の回りにタオルをあてて
気をつけていたのですが、油断した左腕をやってしまいました。


今日20日は珍しく祭日に仕事も休み。
朝から家の中の片付け、そして母の諸々の書類の整理。
午後は施設に行って、母の傷の手当てをする。
食事介助はパス。

ほんとに一日中、掃除、洗濯、片付けをしていました。

実はまだ母の確定申告の書類ができていません。
しかしようやく医療費の領収書の整理もめどがついたので
全部済んではいないけど、今日はこれで終わりにします。
後は計算して、確定申告の書類に書き込むだけ。
あと少し!

というわけで、もうすぐ午後11時ですがこれからやっと夕飯にしますf(^―^;

2013年03月18日

母、喉につまらせ吸引を


またうっかり寝てしまい、夜中1時過ぎに目がさめてブログ書いてます。
こんな生活、良くないのはわかりますがつかれてるのでしょうがない。


先週金曜日は仕事が休みですが、朝電話が職場(=母が入居の施設)から
電話があり何事かと思ったら、朝食時、食事が喉のつまりそうになり
急きょ看護師さんにより吸引してもらった、との連絡でした。
母の食事は、とろみをつけたミキサー食ですが、それでもなかなか飲み込めません。

施設ではスタッフが今、少ないです。
新しく、入って来た人もいるのですが、まだまだいろいろ教えて
いかないと使い物にならない状態。
私が教える立場でもあるのですが、忙しくてしょうがない。
ゆっくりていねい教えてあげられれば一番良いのですが、なかなかそうもいかない。

一番困るのは、母の食事の介助をしつつも他の方の「コール」があると
それに対応するため、食事介助を中断してそちらに行かねばならないこと。
「コール」とは、居室にいる他の利用者さんからの呼び出しや、トイレにいる
利用者さんからの呼び出しに対応すること。

こんなこと、本来なら他のスタッフがやるべき。
なのに、食事介助を中断してそちらに行くなんてとんでもない、と思うのですがここでは
それが当たり前になっている。
スタッフが少ないからしょうがないのはわかりますが。

スタッフが少ないので、シフトも今回は土日、月曜、火曜、の4日間連続勤務になっていました。
通常は2,3日勤務すると1日休みがはいるのです。
私は早番専門でやらせてもらっていますが、そもそも早番はやる仕事が多くてきつい。
朝食の対応、その後寝たきりの利用者さんの排泄、お風呂介助、昼食対応、
午後の排泄、パットの補充、洗濯物&備品の整理、と息つくヒマもない。
一日の勤務が終わるとクタクタです。
それでも早番専門にしてもらっているのは、夕方から自分の時間が欲しいからです。
自分の時間というのは、アート鑑賞をするためです。
アート鑑賞しても、まっすぐ帰っても疲れるものは疲れる。
同じ疲れるならばアート鑑賞しよう、と思っています。

今回は、早番ができるスタッフがいなくて、四日連続になってしまったのですが
さすがに何とかしてほしい、とたのんで月曜日は午前中のみ、の勤務にしてもらいました。

梅の花の次は、杏の花が咲いています。

2013年3月15日 庭の杏の花

ソルダムのつぼみも膨らんできました。

2013年3月15日 ソルダムのつぼみ


水仙の花も咲き出した。

2013年3月15日 庭の水仙


庭の様子は、日に日に様子を変えています。


2013年03月13日

母の確定申告まだまだ

仕事終えて夕飯を食べて、入浴して、さてブログを書こうとすると眠くてしょうがない。
ちょっとだけ休もうか、と横になる或いは目をつぶって座布団に座っていると、
いつの間にかしっかり寝てしまい夜中の1時、2時に目がさめるなんてことがしょっちゅう。

なので、なかなかブログ更新ができません。


急に暖かくなったので、庭の花が一気に開き出しました。

これは、菜の花に似てるけれど違う。
2013年3月7日 花


冬場は青い葉っぱがおいしかった。
小松菜だったかな。

これは梅。

2013年3月11日 庭の梅


沈丁花の花も咲き出し、道を歩いても家の前に来ると良い香りがします。

2013年3月11日 庭の沈丁花



前回、記事を書いてから今までのことを。

3月3日(日)は介護福祉士国家試験・実技試験の日でした。
私は千葉県民ですが、試験会場は千葉県には無くて都内・板橋区でした。
朝8時から8時45分が受付時間、なので自宅を朝6時ちょっと前に出ていました。
後から知ったけれど、試験を受けるために会場近くに泊まる、という方も
少なくなかったようです。

その時の試験については「アート鑑賞日記」の方に詳しく書きましたので
こちらでは省略します。
試験終わってから一週間は、すっかり気がゆるんでせっせと展覧会など
観に行く。
11日は仕事が休みでしたが、一日色々と片付け。
午前中はパソコン内と、デジカメのSDカード内のデータ整理。
昼過ぎに母の施設へ行って、母の食事介助。
午後から家の中の片付け・・・と、思ってもこれがなかなかはかどらない。
押し入れの中の衣裳ケース6個を、別の部屋の押し入れに移動する。

夜は、荷物を預けているレンタル納屋へ行く。
しばらく一人暮らししてから、実家に戻る際、家の中に入らない荷物をここに
預けたのですが、いい加減ここを引き払いたい。
少しずつ片付けてきましたが、あともう少し。


母の確定申告の書類がまったく手つかず!
3月15日までに提出なんだが、できるわけ無い。
今月いっぱいかかりそう・・・・。
たしか去年もそうでした。


母は栄養状態が悪いせいか皮膚剥離、内出血が多いです。
血液検査の為の手の甲から採血したら、数日たったいまでも内出血が
手の甲半分くらいに広がっています。

そして、昨日は母の施設に入居していた利用者さんがお一人亡くなりました。
いったん病院へ入院していたのですが。

今年に入って、亡くなったのはのはもう5人目。
母よりよっぽど元気に見えた方ばかり。
私を元気な体で生んでくれた母は、母自身も体が丈夫みたいです。

そして先日、好きな作家さんの個展に行って気に入った版画作品を購入しました。
一点物のアート作品と違って、量産のきく版画はお値段もいたってリーズナブル。
これは施設の母の部屋に飾りました。
みてると気持ちがホッとします。

綿引明浩氏「レムの家」


で、確定申告・・・・(T.T)

2013年02月24日

母、発熱

介護福祉士の筆記試験が合格しましたが、3月3日が実技試験。
なかなかその勉強が進みません。
やっぱり勉強は家ではできない・・・。

金曜日は仕事は休みの日ですが、午後6時からスタッフミーティング。
その後、施設長&先輩と実技試験に向けての練習約1時間。
月曜日から、本腰入れないと。
いつものごとく、なんか間際でバタバタしてます。
普段の仕事の中で、模擬試験をしてるつもりで動いてはいるのですが。

今日は、休みをもらっていたので昼間は一日出かけてました。
夜帰ってから、施設の母の様子を見に行きました。

今日は熱があるらしい。
目は開いているのに、声をかけてもちっともこちらをみてくれない。
数日前もこうでした。
最近の食事は水と補助食品のエンシェアゼリー以外は、
ミキサー食が1割、食べられて5割がやっと。

来週は実技試験がある。4月には桜通りの桜を観に行こう。
おかあちゃん、サクラサクまで待っててくれ。

2013年02月13日

日常に戻り新たな悩み



今日は数日ぶりに施設の仕事へ。
老人ホームの仕事は、数日たつだけで状況がかなり変わるので
まるで浦島太郎のような気分になります。
新しい利用者さんが来ていたり、元気だった方が寝たきりの居室対応になっていたりと。
そのため、スタッフは仕事に入る前にいろいろな連絡事項を書き込んだ
「連絡ノート」に必ず目を通すことになっています。

数日ぶりに母の排泄(オムツ交換)をして、やっといつもの
日常に戻ったんだなと実感しました。
そうなるとやはり遠出したあの時間は「非日常の特別」で、やはりよかったなと。
自分のやりたいことだけで、一日中遊べたんですから。


今日、母の食事介助をしてはじめて気がついたのですが、口の端の傷も
すっかり良くなっていました。
(昨日は私の体調が良くなかったので、食事介助止められたのです)
スタッフ仲間に感謝!
今月の血液検査の結果も、下血が続いている割にはそんなに悪化していませんでした。

今年はこれから行きたい所がいくつもあります。
アーティストM氏の展覧会が、修善寺、大阪と続くと言うし、3年ぶりに
瀬戸内国際芸術祭も開催される。
母の様子をみつつ、全部行かれると良いなと思います。



話変わり。

そんな合間に気になるのは、父方の親戚のこと。
二十数年つきあいがないけど、たぶん父の姉はもう亡くなり、でも私のいとこが
2人いるはず。
気になるのは、もしも母が亡くなり私も死んだ場合のことです。

母が亡くなった後の私は、親、きょうだい、夫もいない。
もちろん子どもも。

ちょっと調べたところ、私が死んだ後は相続人はいないけれど、
特別縁故者として従兄弟・従姉妹(いとこ)に行く可能性があるらしい。
ちがうかもしれません。法律はまだよく分かりませんので。

母方の親戚はともかく、まずこのまったくつきあいのない父方のいとこに遺産
(たいした物はないけど)は一切行かないようにしたい。

先日、家の中を整理していたら父の姉の住所の控えがでてきた。
まだ元気だった頃の私の母の字で「1995年(平成7年)年賀状来なかった。
もう連絡しなくてもよい」と書いてある。
父の姉とは年賀状だけはやりとりしていたのですが、ある時から来なくなった
とは以前母から聞いていました。
先日住所を調べたら、横浜市内の十日市場駅からかなり離れた団地でした。
電話番号もあったので、念のためかけてみたけど名前を名乗らない留守電だった。
(父の姉は二人の子どものどちらかと、同居だったと思います)


家庭裁判所で相談を受け付けてくれる日があるので、一度行ってみようか。
母の成年後見人になったときも、出だしはこれからでした。
面倒だけど、少しずつ動かないといけないようです。

2013年01月21日

もうすぐ試験なのに。

今日は仕事休み。
27日は介護福祉士の国家試験(筆記)なので今日は一日勉強!
・・・のつもりだったのですが、アート鑑賞日記のブログアップに
一日をついやしてしまいました。
購入した作品の写真を撮り、編集し、記事を書き、ブログにアップ。
なにやってんだかです(^◇^;)
これだけのことに何時間も、というか一日がかりとは。

そんな中、夕方は母のいる施設に行き、夕飯の介助。
でも半分がやっと。
それでも半分も食べられた、と言うべきか。

2月にはちょっと、遠出をしたいと思っています。
去年の秋の黒部旅行はドタキャンになったなあ。
お母ちゃん、今回は行かせてくれないかな?

これから夕飯。その後勉強します。

2013年01月16日

熱が上がったり下がったり

土日月と三連勤務で、15日は休みでした。

職場の施設では、14日未明にお一人亡くなりました。
ここ数日熱があり13日の夕方からは酸素吸入を始めて
ましたが、14日の午前2時頃に無くなりました。


私の母もここ数日熱が上がったり、下がったり。
横になっていても息がぜいぜいと荒い。
食事もほとんど取れていません。

私が寝てる間に、スッと死んじゃうんじゃないか。
冗談ではなく、そうなっても不思議ではない状況なので心配です。

2012年12月24日

母、臀部皮膚剥離

東京・日比谷シャンテ 2012年12月


今日はクリスマスイブ。
休暇をとっていましたが、一人で過ごしました。
聴きに行きたいコンサートに行けたのでよかったです。
施設の母の所には行きませんでした。

写真は、数日前の東京・日比谷で見たビルです。
なんだかデコレーションケーキみたいです。



ここ数日のことを。

仕事の方は、先週一週間は施設の仕事の流れをいままでと変えよう
という意見があり、シミュレーションで動いていました。
私はこれがうまくいくとはとても思えない。
今までの流れの方が、いいと思うのだが。

こうなったのは、やり方を変えていきたいと強く訴えるスタッフが
一人いるからなのですが、やや独りよがりで現実に今いるスタッフが
少ない、という事が分かってないとしか思えない。

とりあえずシミュレーションをやることになったのは、「無理がある」
「できない」と言うことを証明するためにやってるようなものです。


母は、ここ最近は水溶便が続いています。
顔色は悪くないのですが、こんな便が続いてるせいかお尻の皮膚が
ヤワになっていたようで、私が尿取りパット交換をしてお尻を拭いた際に皮膚が
一部剥離してしまいました。
お母ちゃん、ゴメン(T.T)
プロペト塗ったラップを張って、ナースに報告。
スタッフとして「事故報告書」を書く。

さらにいつ、どこでぶつけたのか左足にアザができてくるぶしが腫れている。
これはまだ原因不明。


最近入居したおばあちゃん、入居当初はお尻と両足のかかとに褥瘡(床ずれ)が
できていたのですが、お尻の方はすっかり良くなりました。
昨日は寝てるこのお婆ちゃんの尿取りパットを取り替えた後、「ありがとなあ」と
言ってくれたのがうれしい。


悲しいのは約1週間前に、友人のお父さんが亡くなっていたのを数日前に知ったこと。
互いに親の状況が似ていました。

私の母は、もうダメか、と思いながらも今の施設に入って一年以上たちます。
喜んで良いことなのでしょうが、こうなってくるとこれからかかる費用のことが
さすがに気になってきました。

よく、介護をしてから5〜7年で亡くなることが多いと聞きます。
私は母の介護をし出してもうすでに10年たちます。

費用は今までは母の貯金でまかなってきましたが、それだっていつまでも
あるわけではありません。
母の状況があとさらに10年続いたら?
私の稼ぎも仕事が変わってから、以前の収入のほぼ半分。
これでは、今の施設の費用はとても払えません。

2012年12月17日

施設は餅つき



なにかとバタバタした一週間でした。
気がつけば、もう庭のサザンカが咲き出していました。

2012年12月18日 庭のサザンカ



9日(日)昼12時まで仕事であがらせてもらい、午後から銀座のギャラリーへ。
10日(月)に新作個展のあるK氏の作品を買いたいので、前日より並ぶためでした。
このことは別にまた、書きます。

10日と11日は休暇。
もっとも11日は17時45分から職場の研修があるのでこれに参加。
12日(水)は同じく17時25分から職場のミーティング。
なんだかんだで、この日は職場を出るのが21時を過ぎ、施設長に誘われ他のスタッフと
近所の中華屋さんで夕飯。


14日(金)は休みで午前中日本画教室。
庭の柿の実も、柔らなくなったきたのか鳥たちに突っつかれてるのがいくつも。
あっちもこっちも突っつくなよ〜、と思うのだが鳥達にとってはバイキング状態だったもよう。
多少突っつかれたものも含め、残っていたのは全部とる。
もちろん数個は鳥のために木に残しておく。

15日(土)は職場の施設の「餅つき」
杵と臼は系列の施設で、順番に回ってくるのをつかうんだとか。
スタッフ&ボランティアが餅をつき、利用者さんたちに観てもらう。
母も車いすに乗って、私と一緒に観に行く。
ちゃんと見えているかな。

ついでに私も杵をもってつかせてもうが、うまく振り下ろせないf(^―^;
臼の端に打ち下ろしてしまって、臼も杵も壊しそうで早々に退散。

もちろんつきたてお餅は、お雑煮、あんこ、大根おろし、きなこで
利用者さんに食べていただく。
これがこの日の昼食です。

スタッフも合間をみつつ、お餅をいただく。
ただではありません、餅代500円給料から引かれます。
この日は、このイベントのせいでろくに休憩がとれない(T.T)
自分もイベントを楽しめばいいのでしょうね。
去年よりは楽しめた気がします。


16日(日)は施設内のワックスがけの日。
業者さんにきてもらって、掃除&ワックスをかけてもらうのですが利用者さんは
部屋からでてもらい、昼食もいつもと違う場所でとっていただくことになるので、
誘導や食事介助などがとても面倒。
私の母も例外ではないので、部屋からでなければならない。
1階のデイサービスが休みなので、こちらに皆さん移動していただく。
午前9時過ぎに移動して、昼食後1時頃にまた居室に戻る。

母の排泄や食事の介助は、私がやることが多いが
母は水溶便がほぼ1時間おきに出る。
こまめにパッとを取り替えないと、着てる服もシーツも汚してしまう。

土日月、と母の食事介助、母の排泄、利用者さんの排泄(オムツパット取り替えたり、
トイレへ誘導したり)、こればっかりやっていたような気もする。
母の様子は、特に変化なし。
相変わらず下血もあるが、顔色は悪くありません。

職場では「寸志」という名のボーナスもでる。
といってもほんのちょっぴり。
6000円也。
60万円ではないし、6万円でもない。
これほんと。
選挙演説で「介護施設をつくります、増やします」なんて良く言うけど、施設作る
より先に、働く人間の給料何とかしてくれ(T.T)
安い、きつい、これじゃすぐ辞めるし、募集しても人がこないのあたりまえ。
1月いっぱいで夜勤もできるスタッフが一人辞めることになっています。

2012年12月04日

母、ヘアカットしてさっぱり

昨日と今日は久々の連休。
せっかくの休みですが関東圏は連日曇で、とても寒いです。

庭の柿の葉がだいぶ落ちました。
2012年12月4日 庭の柿


仕事柄、2,3日勤務して一日休みが入るのですが、シフト制なので
こちらで希望を入れない限り連休にならない。
一日の休みではやはり落ちつきません。

今朝はいつもの時間にいったん目がさめるが「ア、キョウハヤスミナノダ!
オキナクテモイイノダ」と、ねてしまう。
いつもは朝5時台おきですが、今日は9時近くまで寝てしまった。


昨日は午前中、片付け、その後少し勉強。
来年1月末には介護福祉士の国家試験(筆記)があるのでそれに向けて
の勉強ですが、もう二ヶ月切ってしまった。
間に合うのか?

夜は遊びに行ってしまう。
東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂、でのクリスマスコンサートを聴きに。

今日は、朝買い物してその足で母のいる施設へ。
午前中に入浴、そして外部の訪問ヘアーカットが来てくれて髪もカット。
寝てる母に声をかけても、ちょっと目を開けてみただけですぐまた寝てしまった。
たぶん疲れてるんでしょう。

戻ってきて、このブログを書いています。

施設には先日、一人お婆ちゃんがゲスト入居した。
なんと102歳。
つい最近まで家族と一緒だったが、自分のことは自分でしていたのだそうだ。
寝たきりになってお尻やかかとに褥瘡(=床ずれ)ができたため、入居したとか。

こちらの声かけにも、ちゃんと答えてくれる。
頭脳はかなりクリア。
食事も自分で食べる。
もっともすぐ止めてしまうので、食事介助は必要。
この方から見たら、年齢的に私の母は子どもみたいなものだ。


話変わって。
自宅で使用しているスキャナーを新調することにした。

ブログに載せるための画像は必ず、いったんスキャナーに取り込んでサイズの縮小、
トリミングなど加工してからアップしています。
今まで使っていたのは、動くのだが読み取り画面の内側に汚れがついてしまい
毎回読み取った画像に傷が付くので、色彩の修正をしていました。
外側の汚れなら拭き取れるけど、内側ではどうしようもない。
何度か本体を落としてるからでしょう。

幸いクレジットカードのポイントがたまっていて、これでアマゾンから購入
できたので今回、実際の支払額は「ゼロ」なのがうれしい。

そんなこんなでもう午後2時。
時間がたつのは早い。
掃除も勉強もできなかったので、このまま他のブログの更新もしてしまおう。


寒さは、これからが本番。
でも沈丁花は、来年3月に咲かせるための花の準備をしています。

2012年12月4日 沈丁花

2012年11月27日

白き柊の花が香る頃

ここ数日のことを。
金曜日は日本画教室に行くため、休みにしてもらっていますが
土日は仕事。
世間では三連休だったという方もおおいでしょうが、私はやっと今日が休日。
11月は連休が一度もなかった。
やはり一日の休みでは、片付けがほとんど出来ない。

庭の南天の赤い実がきれい。


1211nant.jpg






そして柊の小さく、白い花がかわいい。
優しい甘い香りがします。

121127h.jpg




今日も庭の柿の実を25.6個取って、ご近所に配る。

数日前も、この前配り損ねた1件におとどけする。
娘さんが2人いるが、両方とも結婚して家を出ているので今はお母さんが
そこで一人暮らし。
ご主人はもうとっくに亡くなっている。

お届けした際、誘われたので家の中でお茶とお菓子をごちそうになる。
こんな事は、もう何十年ぶり。
下の娘さんが小学生の頃、私より学年で二つお姉さんだったからよく遊びにいった
けど、それ以来のことです。

今一人暮らしのお母さん、私の母より一つ下だと初めて知った。
今は週に何度かデイサービスを利用し、他にヘルパーさんが来る日もあるとか。
二人の娘さんともご主人は医師で、お孫さんもすでに三人が医師なんだそうだ。


二十年ほど前に立て替えた大きなきれいな家、でも一人暮らしは寂しいのでしょう。
「こんな暮らしになると思わなかったわ」と、おっしゃっていました。
帰る際「時々、遊びに来てね」と言われる。

この奥さんも、私もなかなか人生ままならぬ。


母の様子は落ちついていますが、一昨日は私がうっかりして母の左手の甲に
皮膚剥離を作ってしまった(T.T)
まったく気が付かなかったのですが、たぶん母の昼食の介助をしてから
部屋に戻る際に作ってしまったと思います。
この約1時間後、排泄に入った別のスタッフが剥離に気がつきました。

左手は拘縮のせいで、手指が突っ張って常に「パー」の状態に開いている
のですが、ベッドへの移乗の際に車いすの手すりにぶつけたか?
とにかく皮膚が弱いので、簡単に剥離してしまいます。


スタッフとして「事故報告書」を書く。





12月に新作個展のあるオブジェ作家K氏。
ギャラリーサイトのブログに新作の画像がでた。
同じくファンである知り合いがさっそくギャラリーに問い合わせたら、すごいお値段
だった!とメールが来た。
この方とは以前、個展の初日前夜からご一緒に並んだことがある。
もちろん作品購入するため。
購入権利は初日先着順のため、この時はこの方が1番で私が4番だった。
K氏の作品は繊細で手が込んでいるため年に5,6点しか制作されない。
素晴らしい作品なのですが、値段もすばらしい(^◇^;)
去年は並ばなかったが、今年は並ばないと後悔することになりそうです。

2012年11月13日

母再び痙攣発作

日曜日は仕事で、施設へ。

朝8時半過ぎ、母の排泄(=オムツ交換)を済ませて声をかける。
いつもなら目だけ私の方をみてくれるのに、目が上を向いてる。
あれ!?と思ったら痙攣発作が起きてました。

ナースに報告。
部屋に来てもらったときは、痙攣はいったん治まってましたが
少しするとまたはじまる。
座薬を入れてもらい、少しして担当ドクターも到着して診察。
前回、痙攣発作が起きたときよりはひどくないらしい。
私が母に声をかけても、反応はないが目はしっかりあいてる。
ドクター曰く「これならちゃんと分かってるよ」とのこと。
点滴を受ける。
痙攣が治まらないので、さらに座薬を入れてもらう。

痙攣には波があって、強くなったり、弱くなったり。
汗もびっしょりかいて、シーツまで濡れてしまってるが着替えが
できないので、背中の方にはバスタオルをしく。

痙攣が治まるまで私がそばに付き添うことになり、ようやく痙攣が
収まったのは昼12時を過ぎた頃でした。

痙攣が治まったので、ナースに頼んで一緒に母の着替えをする。
点滴の針とチューブがついたままなので、これを外さないように
頭がこんがらかりそうになりながら、ようやく着替えをすます。

日曜日は、一日点滴のみで食事は無し。


月曜日。
夜勤者の話では「だいじょぶですか」と母に声をかけると「だいじょぶじゃない」
と言ったらしい。
早番で出社した私が朝7時前に「だいじょうぶ?」と声をかけると、声はでないけど
口の形だけ「だめ」と言ってました。
8時過ぎにまた「だいじょうぶ?」と声かけすると、かすかな声で「だめ」。
やっぱりダメなのか。

朝は水分のみ。
昼は水分、エンシェアゼリー、ミキサー食を半量。

心配しましたが、まあまあ落ちついたようです。

2012年10月31日

10月も終わりに

母の様子は、やや安定してます。

しかし食事量はとてもすくないです。
特に朝は、水とゼラチンで固めたエンシェアだけでやっとの事が多い。
通常はこの後、ミキサー食を食べてもらうのですがそこまでたどり着けません。
食事の時だけ、車イスにのっておきるのですが、すぐに目をつぶって
寝てしまうのです。
(そのくせベッドに横になっているときは、目がぱっちり開いてます)
他のスタッフは、遠慮もあるから途中でやめるけど、私の場合は親子という
せいもあってかほんとに無理矢理に入れている感じになっています。

昼夜は、さすがに朝食べていないせいか食べてくれます。
そんなわけで朝はミキサー食ゼロ、昼夜で5割から10割くらいいける。
しかし、こんな状態がいつまでつづくのか?とも思います。

話しかけてもほとんど言葉が返ってこない。
でもこちらを見てくれます。
この前は何を話しかけてもなんともいわないので「ハイぐらいいってよ」と言ったら
かすかな声で「はーい」と返ってきたのには、笑いそうになりました。

先日はスタッフ同士のやりとりで些細なことにイライラ。
自分で自分が嫌になります。


とりあえず、母は少し落ちついてはいるので遠出をするつもりです。
予定していた黒部旅行はいけなかったので明日11月1日の夜に、夜行バスで東京出発。
翌朝奈良へ。
奈良国立博物館で開催中の「正倉院展」を見てきます。
(リンク先は展覧会サイトです)
今年は青い「瑠璃坏(るりのつき)」が25年ぶりに展示されているそうです。
以前から実物を見たいと思っていた宝物なのです。
新幹線で夜、帰ってくる予定です。

そしてこちらのブログには書きそびれましたが、10月23日から28日まで参加している
日本画教室のグループ展も無事開催し、終了できました。
絵を描いて展示できるようにするまでが大変でしたが、はじまればあっと言う間。
今はちょっと気の抜けた気分です。

2012年10月20日

母、下血多し

昨日、今日の母は顔色は悪くないのですが、昨夜も今日の
昼間も下血(肛門からの出血)がびっくりするほど多いです。

体の中で何かが急速に壊れているようで、仕方ないと思ってもやはり心配で悲しいです。
今日は仕事で施設にいましたので、スタッフとして昼食の食事介助しながら、
つい涙がポロポロ・・・。
食事量はやっと5割ほどでした。

そんなこんなですが、来年の1月には介護福祉士の試験を受けるつもりなので
数日前から、ようやくテキストに目を通し始めました。

今施設に土日だけ仕事に来てる、高校生の子がいます。
つまりアルバイト。
でも、この子も来年は介護福祉士の試験をうけるんだそうです。
私とこの子の年齢差は・・・・恥ずかしくて言えない!






2012年10月16日

母、食事開始

昨日から母は、点滴を止め、食事を開始しました。
顔色は思ったよりいい。

昨日の朝は、8時半頃スタッフが車いすに座らせ食堂で
食べさせようとしたけれど、すぐ寝てしまったので数口で
止めたとのこと。

午前中に私も施設にいったけど、いくら声をかけても目を開けない。
いったん帰る。
午後1時過ぎにスタッフが水分、食事を少しいけたとか。

夕方、私が行って母に「どっか痛くない?」と声をかけると
かすかな声で「だいじょうぶ」と返ってきたのはうれしかったです。
でも水分200tがやっと、あとエンシェアをゼラチンで固めた
ゼリーを少々、食事は1割がやっとでした。

今日は朝、スタッフが食事介助して約2割。
昼は私が行って、約5割なんとか食べてもらうことができました。

母の様子は、昨日今日あまり変わりませんが、体が弛緩してるようです。
手足がいつもは硬く拘縮してるのですが、車いすに乗せたりその他
の時にもそう感じます。
これが良いのか、悪いのかはわかりませんが。

私の三連休もこれで終わり。
休み中、家の中の断捨離も進むかと思ったら全然ダメ(^◇^;)
勘違いされてる方が多いようですが、断捨離は整理整頓の事では無く、
持ってる物を「捨てること」です。
もっとすっきりした家にしたいのに・・・・。

下の写真は、庭で咲いていた薔薇です。
朝は、とても良い感じに咲いていたのですが、施設から返ってから
撮影しようなんておもっていたら花が開いてしまって魅力半減。
今だ!と思ったときがシャッターチャンスでした。

2012年10月16日 庭の薔薇



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。